イメージ画像

メルマガ成績 2014年3月1~2日

メルマガ配信好調教馬成績

2014年3月8日~9日

全体成績

<成績>

中山1:1-1-1-8 勝率9% 連対率18% 連複率27%
中山2:3-0-0-9 勝率25% 連対率25% 連複率25%
阪神1:2-0-2-5 勝率22% 連対率22% 連複率44%
阪神2:2-3-0-7 勝率17% 連対率42% 連複率42%

全体:8-4-3-29 勝率18% 連対率27% 連複率34%

 
<収支>

中山1:単勝計580円 複勝計490円 単収支-520円 複収支-610円
中山2:単勝計1060円 複勝計410円 単収支-140円 複収支-790円
阪神1:単勝計740円 複勝計1110円 単収支-160円 複収支+210円
阪神2:単勝計1040円 複勝計760円 単収支-160円 複収支-440円

全体:単勝計3,420円 複勝計2,770円 単収支-980円 複収支-1,630円
単回収率:78% 複回収率63%

単複差引 -2,610円

 
<評価別成績>

A:なし
B:3-1-0-5 勝率33% 連対率44% 連複率44%
C:4-3-2-17 勝率15% 連対率27% 連複率35%
D:1-0-0-8 勝率11% 連対率11% 連複率11%

 

~反省~

先週と比べて回収率の面では、わずかに改善しましたが、
的中率は逆に下がってしまいました。

現状、好調教馬の全てを購入するというのは
かなり危険な状態と言っても良いので、
独自に「買い」「買わない」を判断していただくしか、
攻略しようがありません。

それでは有料にしている意味がないので、
なんとか回復するように努力いたします。

 
【NP馬】

「NP馬」とは、展開が合わない人気馬
(つまりは、危険な人気馬

~土曜~

<阪神>

02R 05 ヴィッセン(3人気) 7着
07R 11 リオグランデ(6人気) 8着
08R 07 トウカイインパルス(5人気) 6着
09R 03 マウイノカオイ(4人気) 4着
10R 08 ロードガルーダ(4人気) 4着
11R 12 リラヴァティ(6人気) 3着

<中山>

01R 13 カリビアンロマンス(1人気) 10着
02R 03 オベリスク(1人気) 1着
06R 13 ウインインスパイア(5人気) 3着
07R 02 シャラク(1人気) 1着
09R 04 チュロ(5人気) 6着
12R 15 ミッキーナチュラル(1人気) 1着

~日曜~

<阪神>

01R 16 クレアドール(2人気) 4着
02R 07 デンコウセキトバ(4人気) 5着
05R 12 トラストフェアリー(4人気) 5着
09R 05 エイシンフランキー(3人気) 11着
12R 16 ルベーゼドランジェ(3人気) 13着

<中山>

01R 07 キネオダンサー(2人気) 14着
04R 15 ロワジャルダン(1人気) 1着
07R 03 フランチャイズ(4人気) 14着
08R 12 ジャングルクルーズ(1人気) 3着
09R 06 シベリアンスパーブ(2人気) 8着
10R 02 ヒラボクマジック(2人気) 3着

 

【メインはどの馬】

~土曜~

<チューリップ賞>

1.ハープスター → ×
2.ヌーヴォレコルト
3.リラヴァティ


6.マラムデール → △

9.プリモンディアル → ▲
10.シャイニーガール → ○

~予想~

好調教馬はシャイニーガールのみ。

このレースの注目点はハープスターを
どのようにとらえるかどうかでしょう。
新潟2歳Sや阪神JFを見ても、ハープスターが
世代屈指の能力を持っているのは明白。

ですが、中々絞りにくい体質のようで、
1週前の調教はバタバタ。
今週の追い切りは、終いのみで全体のタイムは、
89.6秒で超平凡。併走馬のアドマイヤカーリンの
外を「先行」して0.2秒遅れています。
つまり1週前・本追い共に併走馬に遅れています。

調教だけを見ると完全に「消し」です。

ただし、トライアルレースにも関わらず、
メンバーが非常に薄いので、五分の出来でも、
なんとかなるのかもしれません。

とはいえ、圧倒的1番人気になるのは確実なので、
他馬の単勝でも楽しめるのではないでしょうか。

~結果~

ハープスターがほぼ馬也のまま勝利。

中間のバタバタ調教から考えられない程、
楽な勝利っぷりはメンバーレベルもあったが、
名馬の証。本番が楽しみになりました。

好調教馬シャニーガールは全く見せ場なし。
結果が出た先行策でなく中団に控えた時点で、
好走は難しかったかもしれません。

<オーシャンS>

1.スマートオリオン → ◎
2.スノードラゴン → ▲
3.レッドスパーダ

5.アフォード → △

8.リアルインパクト → ×


12.レオンビスティー → ×
13.ハクサンムーン → ○

~予想~

好調教馬はアフォード、スノードラゴン、
レオンビスティー、レッドスパーダ、リアルインパクト。

難しいメンバー。
ロードカナロアに勝利経験のあるハクサンムーン含めて、
逃げ・先行馬多数でハイペースになる予想されますが、
こういう場合は意外と牽制しあって、そうでも無い事が多い。

ここは意欲的な連闘策に打って出たスマートオリオン。
横山典騎手のOP・準OP以上の中山芝1200m成績は抜群で、
ここは勝負がけをしているとみられます。

ハクサンムーンは調教は普通。余裕残しの感はありますが、
乗り慣れた酒井騎手が騎乗する限り大崩れはないはず。

後は、好調教馬を入れて。

~結果~

好位の内から直線スルスル抜け出した、
スマートオリオンが快勝。
2着は久しぶりの芝も外から追い込んだスノードラゴン。

逃げた1番人気ハクサンムーンは直線失速して大敗。
確かにペースはやや速かったが、好位追走組が残っているだけに、
ここまで負けるのは案外。逃げ馬の休み明け。息が続かなかったか。

推奨馬券は本線で決着して万馬券。

~日曜~

<大阪城S>

1.スマートレイアー → ×
2.ディサイファ → ○
3.タムロスカイ

5.ヒストリカル → ×

~予想~

好調教馬はペイショウウズシオ、テイエムイナズマ、
ディサイファ。

阪神芝1800mは好調教云々よりも、
ディープインパクト産駒の血統バイアスが強いコース。
1600万以下より上のクラスでさえ、連対率35%弱。
連複率でも45%近い成績を上げています。

ここは、素直に好調教馬かつディープインパクト産駒である
ディサイファを中心。

相手もディープインパクト産駒で一定レベルの調教は
施されているスマートレイアーとヒストリカル

~結果~

直線大外からスマートレイアーが実力の違いを
見せつけるかのように差し切って楽勝。

ディザイファも崩れないが、現状OPレベルという印象。

コチラも推奨馬券本線で決着も、配当はかなり安め。

ちなみに好調教馬の結果は、
メイショウウズシオが7着でテイエムイナズマが8着。
どちらも後方のまま流れ込み。
ペースは悪くなかったが、着順を上げれなかったところを見ると、
現状この条件はベストではないのであろう。

<弥生賞>

1.トゥザワールド → ◎
2.ワンアンドオンリー → ○
3.アデイインザライフ


6.アズマシャトル → ×
7.アトノロブロイ → △

9.アグネスドリーム → ▲

~予想~

好調教馬はエアアンセム、アグネスドリーム、
トゥザワールド、サトノロブロイ。

好調教馬という立場ではトゥザワールドに
死角は見当たりません。
嫌う理由もありませんし、ココからで良いでしょう。

ただ相手が難しく、好調教馬以外にも調教が良かった馬は
多かったです。

今の力のいる馬場が、ラジオNIKKEI杯と同じような
感じだとするならば、ワンアンドオンリーも注意。

~結果~

この家系らしく早めに動いたトゥザワールドが
後方から直線一気を仕掛けたワンアンドオンリーの
猛追を僅かにしのいで勝利。

レース振りを見ると、
トゥザワールドは絶好の手応えに感じた4コーナーまでとは
対照的に、追われてからの直線の伸びは案外。
それもある意味この家系らしいといえばそれまでだが、
ダービーよりは皐月賞向きとも言えます。

ワンアンドオンリーは末を生かせる競馬になれば、
今後も上で活躍できそうですが、東スポ杯のように、
高速決着となると脆さが出そうです。
今の中山の芝状態なら、皐月賞も問題ないでしょう。

ただし、全体のタイムに対して上りタイムが遅いのが気がかり。
同日500万下の勝ちタイムよりも遅いのもありますが、
中団・後方から競馬をし、直線も競り合ったレースなのに、
上りが35.7と35.5では、正直レベル的にどうかという、
疑問が残る今年の弥生賞となりました。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ