イメージ画像

メルマガ成績 2014年3月15~16日

メルマガ配信好調教馬成績

2014年3月15日~16日

全体成績

<成績>

中山1:2-2-2-7 勝率15% 連対率31% 連複率46%
中山2:2-0-2-10 勝率14% 連対率14% 連複率29%
阪神1:1-2-2-9 勝率 7% 連対率21% 連複率36%
阪神2:4-3-2-6 勝率27% 連対率47% 連複率60%
中京1:1-1-2-7 勝率 9% 連対率18% 連複率36%
中京2:0-0-1-11 勝率 0% 連対率 0% 連複率 8%

全体:10-8-11-50 勝率13% 連対率23% 連複率37%

 
<収支>

中山1:単勝計3280円 複勝計2170円 単収支+1980円 複収支+870円
中山2:単勝計1200円 複勝計 860円 単収支- 200円 複収支-540円
阪神1:単勝計 250円 複勝計 750円 単収支-1150円 複収支-650円
阪神2:単勝計1310円 複勝計1780円 単収支- 190円 複収支+280円
中京1:単勝計1130円 複勝計1080円 単収支+ 30円 複収支- 20円
中京2:単勝計 0円 複勝計1340円 単収支-1200円 複収支+140円

全体:単勝計7,170円 複勝計7,980円 単収支-730円 複収支+80円
単回収率:91% 複回収率101%

単複差引 -650円

 
<評価別成績>

A:なし
B:4-3-1-8 勝率25% 連対率44% 連複率50%
C:5-3-7-25 勝率13% 連対率20% 連複率38%
D:1-2-3-18 勝率 4% 連対率13% 連複率25%

 

~反省~

土曜中山で久しぶりに回収率が大幅に上回ったものの、
日曜の中京勝ち馬なしという惨敗で、
トータルマイナスに。

中京は土曜含めても1勝という結果は、
流石に心が折れそうになります。
しかも、中山・阪神のように「惜しい」という結果でもないのが問題。

ようやく中山阪神に回復の兆しが出てきたのに、
中京が新たに荷物になってしまっては意味がいないので、
しっかり反省して巻き返したいと思います。

 
【NP馬】

「NP馬」とは、展開が合わない人気馬
(つまりは、危険な人気馬

~土曜~

<中京>

02R 07 サクラヴァローレ(1人気) 3着
09R 03 カフェラピード(2人気) 3着
10R 12 ワードイズボンド(2人気) 4着
11R 13 ラブリーデイ(4人気) 3着
12R 01 ゲルマンシチー(1人気) 12着

<阪神>

01R 16 マチルダ(3人気) 2着
05R 15 メドウラーク(1人気) 2着
06R 05 ダノンクリエーター(3人気) 1着
10R 09 シルヴァーグレイス(9人気) 6着
11R 14 アーリーデイズ(12人気) 14着
12R 14 タガノミューチャン(5人気) 2着

<中山>

01R 07 ダイワナッティー(4人気) 6着
04R 09 クアトロマエストロ(4人気) 11着
05R 13 ノーブルレッド(10人気) 11着
10R 14 クイーンオリーブ(3人気) 14着 
12R 09 アポロレジーナ(2人気) 15着

~日曜~

<中京>

03R 02 ローズミラクル(3人気) 7着
07R 12 トウカイビジョン(4人気) 3着
11R 15 メイショウイザヨイ(3人気) 16着
12R 01 ラスカルスピード(1人気) 中止

<阪神>

01R 01 トーコープラネット(3人気) 10着
04R 02 アバンダンティア(2人気) 9着
06R 07 タマモユウトウセイ(1人気) 4着
07R 12 ダンツキャンサー(5人気) 5着
08R 08 デインツリー(8人気) 13着
10R 07 ブロードソード(4人気) 2着
11R 07 ホウライアキコ(1人気) 5着

<中山>

05R 15 ボビンレース(5人気) 8着
07R 09 アーマークラッド(3人気) 1着
09R 07 エネアド(5人気) 8着
12R 06 ロマンシングジェム(6人気) 9着

 

【メインはどの馬】

~土曜~

<中日新聞杯>

1.マーティンボロ
2.ラキシス
3.ラブリーデイ

5.トウカイパラダイス → ○
6.レッドレイヴン → ×
7.アンコイルド → △


12.アロマカフェ → ▲


17.アクションスター → ×

予想

好調教馬はトウカイパラダイスとアロマカフェ。

これといった軸馬おらずで難解。
好調教馬2頭がそれほど人気しないのであれば、
この2頭の単複でも良さそうだが。

推奨:単複 1・9

結果

淡々とした流れで、中団外々を回っていたマーティンボロが
ゴール前、3頭の接戦を制し勝利。
全兄のフレールジャックが昨年の中京記念で予後不良となった地で、
重賞初制覇したのだから、陣営の喜びはひとしおでしょう。

期待したトウカイパラダイスは好発からラチ沿いの好位追走。
直線も良く粘っていたが、わずかに交わされて5着。
もう少し粘ってくれれば・・・。

アロマカフェは全く見せ場なし。

 
<ポラリスS>

1.キョウワダッフィ → ◎
2.エアウルフ → ×
3.ワイドバッハ

5.インペリアルマーチ → ×
6.オセアニアボス → ×
7.ファリダット → ×

8.トウショウカズン → ○

予想

好調教馬はサマリーズ、キョウワダッフィー、
ファリダット、トウショウカズン。

好調教馬の中で、サマリーズは全日本2歳優駿に
輝いたとはいえ、近走成績から良化みられなく買えない。

キョウワダッフィーとトウショウカズンから、
予想ペースが味方しそうな馬達へ。

推奨:馬連 5・10軸流し

結果

息の入らないペースで流れ、
好位の内目を追走していたキョウワダッフィーが
直線外に出して一緒に追走してくるエアウルフを
競り落とし勝利。

ペースは速かったですが、馬場を考えれば普通か。
前目につけていないと厳しく、後方組は3着が精一杯。
上位人気での決着でした。

 
<アネモネS>

1.ペイシャフェリス → ×
2.ニシノミチシルベ
3.ウエスタンメルシー → ×
4.マーブルカテドラル → ◎

6.カウニスクッカ → ○
7.タイセイティグレス → △

10.コスモエルデスト → ▲

予想

好調教馬はペイシャフェリス、カウニスクッカ、
ウエスタンメルシー、コスモエルデスト、
タイセイティグレス。

好調教馬で固めても良いですが、
阪神JF上位組のその後の成績を見ていると、
ここは流石にマーブルカテドラル軸で
良いかと思います。

あとは、好調教馬に流せば。

結果

マイペースで逃げたペイシャフェリスが逃げ切り勝利。

後方組に向かないペースだったわけでは無かったが、
ある程度前にいなと厳しい展開。

好調教馬ではないが本命としたマーブルカテドラルは
出負けしてポジションが悪くなり、外々を回って追いこむも、
直線は垂れてしまいました。

結果的には好調教馬で固めた方が、
良い結果が出たかもしれません。

~日曜~

<トリトンS>

1.フレデフォート
2.ビキニブロンド → ×
3.サニーヘイロー → ×


6.ヤマニンプチガトー → ○


13.ラフレーズカフェ → △

15.サカジロロイヤル → △

予想

好調教馬はサカジロロイヤル、ラフレーズカフェ、
ヤマニンプチガトー、サニーヘイロー。

近走イマイチ馬ばかりで、
これといった馬おらず。

ここは好調教馬から馬券を組み立てるべき。
相手なりに走れるビギニンブロンドも加えて。

推奨:馬連 13軸 流し

結果

ややハイペース。

2番手集団の外を追走していたフレデフォートが
直線早めに抜け出し、ビキニブロンドと併走しながら、
大きく逃げたシゲルアセロラを交わし勝利。

○のヤマニンプチガトーも大外から追い込んではいるが、
最後は他馬と同じ脚色になり届かず。

 
<フィリーズレビュー>

1.ベルカント
2.ニホンピロアンバー
3.エスメラルディーナ → ◎


8.ヤマノフェアリー → ○


14.グランシェリー → ▲

予想

好調教馬はグランシェリー、エスメラルディーナ。

ホウライアキコが人気しますが、NP馬。
土曜の傾向から、阪神はNP馬でも関係なさそうですが、
ここは馬券から外してみるのも面白い。

エスメラルディーナは関東馬ですが、
2週連続で調教はA評価。
関東からの遠征とペドロサ騎手ということで
総合評価をBとしましたが、本来ならA評価でも
おかしくない存在。

前走ジュニアカップは好レベルメンバーの牡馬が揃った中、
牝馬ながらにして、1番人気での勝利。
関西遠征で人気を落としていますが、
状態は抜群であるならば太刀打ちできても。

人気が無いので、この馬のみの馬券で。

推奨:単複 14

結果

好発を決めてハナをとったニホンピロアンバーが
淡々としたペースを作る。

好位のラチ沿いを回ったベルカントが
直線も最内から一気に抜け出し勝利。

前に行った馬タ亭での決着。
エスメラルディーナは外から一瞬抜け出すかと思いましたが、
ベルカントとは枠の差でしょう。

それでもアドマイヤビジンに抜かされなかったのは、
好調教を積んできた結果かと。

<中山牝馬S>

1.フーラブライト → ◎
2.ケイアイエレガント
2.キャトルフィーユ
4.アロマティコ → ▲

7.トーセンベニザクラ → △

9.エクセラントカーヴ → ○


15.エバーブロッサム → ×

予想

好調教馬はフーラブライト、トーセンベニザクラ。

ここはハンデも恵まれた好調教馬フーラブライト。

あとは、人気どころに流せば。

推奨:馬連 6軸 流し

結果

ややハイペース。

中団後方に待機したフーラブライトが3コーナーを過ぎて
徐々に進出。直線大外から併せ馬の形で追い上げてきた
キャトルフィーユを競り落とし勝利。

1番人気とはいえ、フーラブライトがココまでオッズが
つくのであれば、素直にフーラブライトの単複だけで
良かったのかもしれない。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ