イメージ画像

メルマガ成績 2014年6月28日~29日・月間収支

メルマガ配信好調教馬成績

2014年6月28日~6月29日

全体成績

<成績>

東京1:1-1-1-1 勝率25% 連対率50% 連複率75%
東京2:1-0-1-6 勝率13% 連対率13% 連複率25%
阪神1:1-1-3-1 勝率17% 連対率33% 連複率83%
阪神2:0-1-0-3 勝率 0% 連対率25% 連複率25%
函館1:0-0-0-2 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
函館2:1-1-0-0 勝率50% 連対率100% 連複率100%

全体:4-4-5-13 勝率15% 連対率31% 連複率50%

 
<収支>

東京1:単勝計 880円 複勝計 560円 単収支+ 480円 複収支+160円
東京2:単勝計 590円 複勝計 450円 単収支- 210円 複収支-350円
阪神1:単勝計 380円 複勝計 660円 単収支- 220円 複収支+ 60円
阪神2:単勝計 0円 複勝計 380円 単収支- 400円 複収支- 20円
函館1:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 200円 複収支-200円
函館2:単勝計 860円 複勝計 370円 単収支+ 660円 複収支+170円

全体:単勝計2,710円 複勝計2,420円 単収支+110円 複収支-180円
単回収率:104% 複回収率 93%

単複差引 -70円

 
<評価別成績>

A:0-0-1-0  勝率 0% 連対率 20% 連複率100%
B:1-1-1-3  勝率 17% 連対率 33% 連複率 50%
C:3-3-2-7 勝率 20% 連対率 40% 連複率 53%
D:0-0-1-2 勝率 0% 連対率 0% 連複率 33%

 
【月間収支計】

・単勝収支計:-1,270円
・複勝収支計:-2,510円
・単複収支計:-3,780円

~反省~

月間収支は相変わらずです。
やや改善傾向にあるものの・・・。

今週から始めた『特選馬』は、
この頭数であれば、これまでの確率的に、
あと2頭は馬券に絡んでほしかったところ。

過去を見ても、芝・ダート共に1200m戦については、
精度が落ちるようなので、次週より条件に1200m戦も
除外することにします。

 

特選馬

今週から開始。
好タイムマーク馬の内、
前走までと比較して良化していると判断した馬。

~土曜~

<函館>

02R 11 トワノトップガン → 7着
03R 01 ブロンズテーラー → 7着

<阪神> 

04R 07 トーセンデューク → 3着
08R 12 コルサーレ → 8着
11R 07 カフェシュプリーム → 3着

<東京>

09R 05 グラスプリマ → 6着

 
~日曜~

<函館>

なし

<阪神>

08R 05 トランザムスター → 3着
12R 14 リュクスメジャー → 2着

<東京>

01R 08 ビオレント → 4着

 
好タイムマーク馬

「好タイムマーク馬」は好調教馬を除いた、
当週・1週前の追い切りタイムが単純に良かった馬。

~土曜~

<函館>

02R 11 トワノトップガン(11人気) 7着
03R 01 ブロンズテーラー(3人気) 7着
08R 04 セルリアンディンゴ(7人気) 3着
09R 05 レッドセイリング(3人気) 13着

<阪神>

04R 07 トーセンデューク(1人気) 3着

<東京>

08R 06 オースミムーン(1人気) 7着
   11 メイショウゾウセン(12人気) 13着
09R 05 グラスプリマ(4人気) 6着
11R 14 クラージュドール(3人気) 11着

 
~日曜~

<函館>

03R 03 ガラッシアファータ(3人気) 2着
05R 05 ライドオンウインド(3人気) 10着
06R 02 ベストヒット(5人気) 5着
11R 02 イッシンドウタイ(11人気) 3着
   04 ヒルノマドリード(3人気) 13着
   10 ヒラボクマジック(5人気) 4着
   12 ロイオヤルクレスト(7人気) 1着
   13 ナリタシルクロード(8人気) 10着
12R 06 バロンドゥフォール(3人気) 4着

<阪神>

02R 05 シゲルサヌキ(6人気) 6着
07R 06 エーシングランダム(14人気) 4着
   11 カジキ(4人気) 12着
08R 05 トランザムスター(1人気) 3着
10R 04 メイショウジンム(8人気) 4着
11R 03 ヴィルシーナ(8人気) 3着
   06 ジェンティルドンナ(3人気) 9着
   07 ウインバリアシオン(2人気) 7着
   10 メイショウマンボ(4人気) 11着

<東京>

01R 08 ビオレント(3人気) 4着
04R 12 ダンディスタイル(8人気) 9着
06R 04 ゴールドリーガル(10人気) 9着
07R 09 レッドルイーザ(9人気) 12着
09R 06 ネルトスグアサ(13人気) 10着

 
【NP馬】

「NP馬」とは、展開が合わない人気馬
(つまりは、危険な人気馬

~土曜~

<函館>

02R 12 タガノラプランセス(4人気) 5着
04R 04 アピシウス(6人気) 1着
09R 08 マヤノカデンツァ(2人気) 9着
10R 08 レッドシャンクス(3人気) 1着
12R 02 アドマイヤキュート(4人気) 4着

<阪神>

なし

<東京>

06R 05 ダイワゴッデス(7人気) 8着

 
~日曜~

<函館>

01R 01 ラダムドー(4人気) 3着
04R 06 ジャストヴィークル(1人気) 7着
12R 06 バロンドゥフォール(3人気) 4着

<阪神>

02R 07 ジューンヴィエナ(4人気) 3着
03R 09 キングズガード(1人気) 1着

<東京>

なし

 

【メインはどの馬】

~土曜~

<STV杯>

1.エイシンオルドス → ▲
2.ストークアンドレ
3.タンブルブルータス
4.メイショウヒデタダ → 注

6.ダンツカナリー → ◎

9.ローズノーブル → ○
10.ユールフェスト → △
11.サクラベル → ×

予想

◎ダンツカナリー
○ローズノーブル
▲エイシンオルドス
注メイショウヒデタダ
△ユールフェスト
×サクラベル

好調教馬はなし。

好タイムマーク馬はなし。

近走不振馬ばかり。

先週のガルボを例に出すと、
函館ウッドで好タイムマーク馬。
このレースではいないのですが、
近いのでいえばダンツカナリーとメイショウヒデタダ。

メイショウヒデタダは前走UHB杯で15着と大敗。
ここ2戦は落鉄の影響もあっただろうが、
それにでも負けすぎ。

であるならば、人気でも降級馬のダンツカナリーから。

推奨:馬連 3-14・11・8・5・10

結果

ややハイペース。

◎.ダンツカナリーとクリノタカラチャンがハナの奪い合いで、
ややペース速くなり、好位のラチ沿いを進めて足を
溜めていた▲.エイシンオルドスが直線で外に出し先頭に。

ペースが速くなった事で、
差し・追い込み馬が台頭。
3着のタンブルブルータスはスタート出遅れたのが、
返って良かった印象。

その中で、先行して勝ちきったエイシンオルドスは良い内容。

本命のダンツカナリーは前半ガリガリやり合いすぎでした。
もっと楽に先手が取れると思いましたが案外。

 
<三宮S>

1.サマリーズ → 注
2.ゴーイングパワー → 注
3.カフェシュプリーム → ◎
4.エアカーネリアン → ○
5.ナリタシーズン → △

8.キョウエイバサラ → ×

12.ドリームコンサート → ▲

予想

◎カフェシュプリーム
○エアカーネリアン
▲ドリームコンサート
注ゴーイングパワー
△ナリタシーズン
×キョウエイバサラ

好調教馬はカフェシュプリーム。

好タイムマーク馬はなし。

好調教馬カフェシュプリームは特選馬。
素直にこの馬から。

推奨:馬連 7-6・1・10・8・16

結果

ミドルペース。

好スタートから離れた2番手の先頭を
追走していたサマリーズが、逃げていたエクセルシオールを
直線で捉えて、後続との差を広げて勝利。

上位3頭は先行した馬で決着しましたが、
サマリーズと注.ゴーイングパワーと
◎.カフェシュプリームとの力差は、大きい印象。

 
<夏至S>

1.シンボリエンパイア → ○
2.トロワボヌール
3.オメガセニョリーナ

予想

○シンボリエンパイア

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はクラージュドール。

難解。

トロワボヌールが人気するのであれば、
シンボリエンパイアの複勝のみで。

推奨:複勝 7

結果

ミドルペース。

不良馬場で行われオメガセニョリーナが淡々と逃げる展開。
直線に入って5番手で追走していた○.シンボリエンパイアが
前が開けるとジワジワ伸びて、外から差してきたトロワボヌールの
追撃を振り切って勝利。

 

~日曜~

<大沼S>

1.ロイヤルクエスト → 注
2.タイセイスティング
3.イッシンドウタイ


6.レーザーバレット → ▲

10.ナリタシルクロード → ◎

13.ヒルノマドリード → ○

予想

◎ナリタシルクロード
○ヒルノマドリード
▲レーザーバレット
注ロイヤルクレスト

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はイッシンドウタイ、
ヒルノマドリード、ヒラボクマジック、
ロイヤルクレスト、ナリタシルクロード。

好タイムマーク馬多数。
ただ、函館の好タイムマークの見方が、
ズレているので、決して好タイムでも結果が結びつかない。

とはいえ、その好タイムマーク馬の、
ナリタシルクロードから流します。

昨年のマリーンSでは後方から長く良い脚を使い、
前残りのレースをブライトラインの2着。

このメンバーであれば。

推奨:ワイド 13-4・7・12・5

結果

ミドルペース。

ややカカリ気味に外の3番手を
追走していた注.ロイヤルクエストが
3コーナー手前で馬の気に任せて先頭へ。
2着も2番手追走していたタイセイスティング。

上位人気馬は後方のまま下位に沈みました。

フリートストリートが淡々としたペースを作って、
かかりながらロイヤルクエストがハナを奪ったことで、
各鞍上はペースが速くなったと勘違いしたか。

実際はロイヤルクエストガハナを奪っても、
ペースは上がっていなく、結局前に行った馬達で決まりました。

相違海ではヒラボクマジックは良い脚を使ったし、
ケイアイレオーネの津村騎手はペースをしっかり読んでいた印象。

それ以外の上位人気騎手はまるでペースが読めていなかった。

 
<宝塚記念>

1.ゴールドシップ
2.カレンミロティック
3.ヴィルシーナ


8.ホッコーブレーヴ → ×
9.ジェンティルドンナ → ◎

予想

◎ジェンティルドンナ
×ホッコーブレーヴ

好調教馬は不該当レース。

好タイムマーク馬はヴィルシーナ、
ジェンティルドンナ、ウインバリアシオン、
メイショウマンボ。

春のGⅠ総決算。

現4歳の牡馬トップ世代と、
ジャスタウェイの出走が無かったのが残念ですが、
それでも好メンバーが揃いました。

調教の面を見ると、
坂路追いは必須です。

となると、人気馬ホボ全てが条件クリアな上に、
どの馬も揃って好タイムときたもんです。

であるならば、
個人的に単純に勝ってほしい馬ということで、
ジェンティルドンナ。

前走のドバイシーマクラシックは、
高レベルメンバーの中、直線大きな不利がありながら、
無理やりこじ開けてきて勝利した力は相当。

ペース的に速くなりそうになく、
ジェンティルドンナにとってはおあつらえ向きの展開に。

ただ、現在阪神地方は雨模様。
早朝には止むので、あまり影響はないかもしれませんが、
もし馬場が渋ったままであるならば、
穴でホッコーブレーヴが面白いと思います。

阪神芝2200mで、馬場が重・不良の場合、
ダンシングブレーヴの血が生きます。
加えて父マーベラスサンデーも渋った馬場は得意な上に、
宝塚記念も勝ってます。前走が天皇賞・春3着というのも同じ。

渋馬場であるならば、ゴールドシップやウインバリアシオンも
得意としていますが、面白みでいうならホッコーブレーヴでしょう。

推奨:単複 1・6

結果

ややスロー。

完全なスローではないが、中だるみのレース。

ゴールドシップは出負けはしたが、
馬の行く気に任せて外の好位に待機。

一塊のままレースは進み直線へ。
逃げていたヴィルシーナが粘る中、
外からあっさりゴールドシップが交わして、
後続を突き離し勝利。

前日夜中に降った雨の影響もあり、
良馬場発表も、やや湿り気のある馬場状態。
コース、展開、内を回った上位馬達よりも
能力が上と、全てが好条件となったゴールドシップの快勝でした。

宝塚記念史上初の連覇達成。
素直に強かったです。

◎.ジェンティルドンナはゴールドシップを
見るような位置にいましたが、4コーナーから手応え悪く、
直線も全く伸びる姿を見せず。

上位3頭はいずれも坂路追い調教馬。
予想した通り調教必須馬が上位独占したにもかかわらず、
その最たるジェンティルドンナが伸びなかったので、
余計に敗因が分かりません。

左回り(特に高速馬場の)しか走らないという結論に
なってしまうのかもしれませんが、難しい馬です。

×.ホッコーブレーヴは直線内を伸びようとしたところで、
前が壁になり緩めるシーンが。
不利なければ馬券圏内に入れたかは微妙なラインですが、
悪くはありませんでした。

 
<パラダイスS>

1.ミトラ → ×
2.コウヨウアレス
3.マイネルディアベル
4.テイエムオオタカ → ×

予想

×ミトラ
×テイエムオオタカ

好調教馬はミトラ、テイエムオオタカ。

好タイムマーク馬はなし。

ミトラは昨年の2月からの長期休み明け。
テイエムオオタカはスランプ。

好調教馬ではありますが、
正直お薦めは出来ません。

ただ、テイエムオオタカは2週連続で好タイムマーク。
距離もこれぐらいがベスト。
ただ58kgを背負う上に、馬場も悪くなると走らない。

オッズ的には旨みアリですが、
ここはスルーしたいです。

推奨:スルー

結果

ややハイペース。

中団で足を溜めていた×.ミトラが直線で大外に持ち出し、
粘る先行勢を飲み込み一気に差し切り勝利。

長期休み明けもなんのその。
コース取りも上手かったです。

×.テイエムオオタカもあと少し粘り切れる所まで。
ここらへんは斤量の面があったのかも。

結局、スルーした方が良い推奨したレースが、
1番旨みがあったという・・・。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ