イメージ画像

メルマガ成績 2014年8月23日~24日

メルマガ配信好調教馬成績

2014年8月23日~8月24日

全体成績

<成績>

新潟1:1-0-0-2 勝率 33% 連対率 33% 連複率 33%
新潟2:0-0-0-8 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
小倉1:1-0-0-0 勝率100% 連対率100% 連複率100%
小倉2:0-0-0-1 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
札幌1:0-0-1-2 勝率 0% 連対率 0% 連複率 33%
札幌2:0-0-0-1 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%

全体:2-0-1-14 勝率 12% 連対率 12% 連複率 18%

 
<収支>

新潟1:単勝計 820円 複勝計 230円 単収支+ 520円 複収支- 70円
新潟2:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 800円 複収支-800円
小倉1:単勝計 500円 複勝計 200円 単収支+ 400円 複収支+100円
小倉2:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 100円 複収支-100円
札幌1:単勝計 0円 複勝計 120円 単収支- 180円 複収支-480円
札幌2:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 100円 複収支-100円

全体:単勝計 1320円 複勝計 550円 単収支-380円 複収支-1150円
単回収率:78% 複回収率 32%

単複差引 -1,530円

 
<評価別成績>

A:なし
B:2-0-1-4  勝率 29% 連対率 29% 連複率 43%
C:0-0-0-2  勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
D:0-0-0-8  勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%

 

~反省~

日曜日は好調教馬が1頭も馬券に絡まず。

もともと今週はランクの高い好調教馬が
少なかったのも理由の1つですが、
それでも1~2頭は絡んでほしかったところです。

特選馬は、まだ辛うじて良成績をキープしているのが救い。

 

特選馬

好タイムマーク馬の内、
前走までと比較して良化していると判断した馬。

~土曜~

<札幌>

09R 02 レッドエンブレム(4人気) → 4着

<小倉> 

06R 18 トーセンデューク(1人気) → 1着
08R 05 レッドオリヴィア(2人気) → 1着

<新潟>

06R 07 ダノングラシアス(1人気) → 1着

 
~日曜~

<札幌>

なし

<小倉>

03R 15 エアカーディナル(2人気) → 6着
08R 04 メイショウマルマル(5人気) → 4着

<新潟>

01R 08 メジャーフォルム(3人気) → 2着
03R 13 ドラムメジャー(2人気) → 3着
06R 08 サンズクラウン(1人気) → 2着

 
好タイムマーク馬

「好タイムマーク馬」は好調教馬を除いた、
当週・1週前の追い切りタイムが単純に良かった馬。

~土曜~

<札幌>

01R 03 プレーケストーレン(9人気) → 7着
09R 02 レッドエンブレム(4人気) → 4着
10R 05 シュヴァリエ(8人気) → 6着
12R 10 テイエムダイパワー(3人気) → 2着
   13 ディスキーダンス(6人気) → 7着

<小倉>

01R 06 デンコウハシャ(3人気) → 2着
03R 08 シゲルカワチ(5人気) → 14着
06R 10 センセーション(3人気) → 7着
   14 キクノブランカ(7人気) → 16着

<新潟>

01R 07 ダンガンコゾウ(12人気) → 15着
02R 15 スローライフ(6人気) → 2着

 
~日曜~

<札幌>

06R 01 ビットアリエス(4人気) → 10着
08R 13 サクラヴァローレ(2人気) → 6着
10R 02 カリスマサンタイム(9人気) → 7着
   08 ナンヨーカノン(5人気) → 2着
   12 メイショウスミトモ(6人気) → 4着
12R 10 クランドールゲラン(12人気) → 10着

<小倉>

01R 07 エイシンサワー(5人気) → 12着
02R 10 サチノクイーン(11人気) → 1着
03R 15 エアカーディナル(2人気) → 6着
08R 04 メイショウマルマル(5人気) → 4着
11R 06 ブルーデジャブ(10人気) → 9着
   07 カイシュウコロンボ(17人気) → 3着
   11 エピセアローム(1人気) → 7着
   12 リアルヴィーナス(12人気) → 13着
   15 ニンジャ(3人気) → 14着
   18 ポアゾンブラック(18人気) → 18着

<新潟>

02R 14 オルフィーク(3人気) → 8着
09R 06 フェスティヴイェル(1人気) → 1着
10R 03 ロノ(5人気) → 8着
   11 フェアブレシア(13人気) → 14着
   13 ミナレット(6人気) → 1着
11R 09 キクノストーム(9人気) → 10着
   13 ドレッドノート(11人気) → 9着
   15 ケビンドゥ(7人気) → 6着

 
【NP馬】

「NP馬」とは、展開が合わない人気馬
(つまりは、危険な人気馬

~土曜~

<札幌>

01R 07 デルマグーリンダイ(7人気) → 13着

<小倉>

02R 03 マインリーバー(9人気) → 11着

<新潟>

なし

 
~日曜~

<札幌>

なし

<小倉>

04R 10 ワンダーバイファル(5人気) → 12着

<新潟>

08R 11 ヒカリブランデー(2人気) → 2着

 

【メインはどの馬】

 
~土曜~

 
<TVh賞>

1.アズマシャトル → ×
2.サクラボールド → ○
3.ヒュウマ


6.ミエノワンダー → ◎
7.ホーカーテンペスト → 注
7.シャドウパーティー → ▲
9.サムソンズプライド → △

予想

◎ミエノワンダー
○サクラボールド
▲シャドウパーティー
注ホーカーテンペスト
△サムソンズプライド
×アズマシャトル

好調教馬はミエノワンダー。

好タイムマーク馬はなし。

ほとんどの出走馬が前走札幌グランドOP記念にお出走馬。
そのレースはハンデ戦らしい大接戦での決着でしたが、
上位は後方組で決着しました。

であるならば前目で競馬をした馬を狙いたいです。
後方としてはサムソンズプライドになりますが、
調教タイム自体はかなり平凡。
元々動かない馬ということなので、
気にすることは無いのかもしれませんが、
血統や不良馬場での実績など、明日の札幌は合いそう。
穴で狙ってみたいです。

軸は好調教馬のミエノワンダーから。

推奨:馬連 9-5・16・15・4・11

結果

スローペース。

中団から競馬を進めたアズマシャトルが、
最終コーナーで外に持ち出して、直線シッカリ伸びて勝利。
ラジオNIKKEI杯2歳Sで2着に入った実績馬。
春は力負けの印象でしたが、今回はメンバー的にも楽だったか。
早めに仕掛けて押し切ったのも好騎乗。

◎.ミエノワンダーは後方からの競馬。
直線も大外に持ち出し、それなりに伸びてはいますが、
今の馬場で直線だけの競馬では、よほど能力が抜けていないと無理。

 
<TVQ杯>

1.キクノソル → ◎
2.マノワール → △
3.ピンポン → 注


6.レッドサクセサー → ▲


11.メイショウソラーレ → ○

14.リバータイキ → ×

予想

◎キクノソル
○メイショウソラーレ
▲レッドサクセサー
注ピンポン
△マノワール
×リバータイキ

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬は無し。

好調教馬も好タイムマーク馬も無し。

メンバー的にもこのクラスで安定している馬は、
キクノソルとメイショウソラーレぐらい。
その2頭が不良馬場で行われて響灘特別で2・3着。

馬場の条件も同じでしょうし、素直にこの2頭から。

推奨:馬連 5-13・6 3連複 5・13-6・7・2・10

結果

ミドルペース。

好位の中目を追走した◎.キクノソルが、
直線やや狭い所から外に持ち出し、先に抜け出したマノワールを
ゴール前で交わして勝利。

キクノソルは、順当勝ち。
問題はメイショウソラーレ。
4コーナー手前と直線に入って前が壁で頭をあげる仕草。
スペースが開いてからは伸びてはいるものの、
末が強烈な馬でもなく、脚色は他馬と同じで大敗。
もう少し前目で競馬をしたかったところ。

 
<日本海S>

1.トラストワン
2.ブリッジクライム
3.アップルジャック

5.フレージャパン → ○

予想

○フレージャパン

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬は無し。

好調教馬も好タイムマーク場も無し。

前走博多Sでは好タイムをマークしながらも、
伸び案外だったフレージャパンが連闘で出走してきました。
鞍上も横山典騎手に乗り変わり、再度ねらい目か?

推奨:単複 1

結果

ミドルペース。

後方から競馬を進めたトラストワンが、
2~3コーナーの中間から徐々に先行集団に取り付ける。
直線外から、先行勢を交わし勝利。

○.フレージャパンは中団前目から。
直線トラストワンが上がっていくのについていきかけたけど、
最後は力尽き5着。作戦としては悪くなかった。
結果的に前に行った馬も交わせていないので、
力不足だったのだろう。

 

~日曜~

 
<札幌記念>

1.ハープスター → △
2.ゴールドシップ → ◎
3.ホエールキャプチャ
4.ラブイズブーシェ → ▲

6.タマモベストプレイ → ○


11.トウケイヘイロー → ×

14.アドマイヤフライト → 注

予想

◎ゴールドシップ
○タマモベストプレイ
▲ラブイズブーシェ
注アドマイヤフライト
△ハープスター
×トウケイヘイロー

好調教馬はトウカイパラダイス、タマモベストプレイ、
アドマイヤフライト、ラブイズブーシェ。

好タイムマーク馬はなし。

先を見据えて余裕残しは間違いありませんが、
ゴールドシップは適正的に不格好な競馬にはならないはずです。

土曜のように前が有利であることを踏まえると、
差し馬でも速めに仕掛ける事が出来る馬達と、
先行各馬を狙ってみます。

ハープスターは札幌芝追いラスト1ハロン最速馬。
調教的には相性が良いので、あとはこれまで通りの競馬を、
するかしないか。もし後方一気なら3着まで。

推奨:馬連 5-3・11・9・8・6

結果

ややハイペース。

トウケイヘイローがハナに立ちマイペース。
ハイペースと言ってもトウケイヘイローの作るマイペースなので、
決して前崩れのレースではありませんでした。

ゴールドシップは離れた最後方からの競馬。
ハープスターは集団後方。1000mを過ぎてゴールドシップが追い出しに
入ったのを確認し、ハープスターも仕掛け始める。
3~4コーナーの中間で外から2頭が並びながら上がっていく。

先に抜け出していた分ハープスターがゴールドシップの追撃を振り切り、
3歳牝馬としては1992年のサンエイサンキュー以来の札幌記念勝利。

これまでの直線後方一気ではなく捲る競馬。
斤量差があったとはいえ、この競馬でゴールシップを完封したのは、
僕が想像していたよりも柔軟性のある馬で、
本番の凱旋門賞でも光明がありそうなレースとなりました。

2着ゴールドシップも仕上り万全でない状態で、
最後方から捲る競馬で、3着以下を突き離しているのを見ると、
やはり現役では抜けた存在の1頭でしょう。
こちらも本番に向けて良い調整レースとなったでしょう。

 
<北九州記念>

1.リトルゲルダ → △
2.メイショウイザヨイ → ×
3.カイシュウコロンボ


6.ベルカント → 注
7.エピセアローム → ◎


14.ニンジャ → ○

17.メイショウスザンナ → ▲
18.ポアゾンブラック → ×

予想

◎エピセアローム
○ニンジャ
▲メイショウスザンナ
注ベルカント
△リトルゲルダ
×メイショウイザヨイ
×ポアゾンブラック

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はブルーデジャブ、
カイシュウコロンボ、エピセアローム、
リアルヴィーナス、ニンジャ、ポアゾンブラック。

好タイムマーク馬多数。
ほぼすべての馬が坂路で追い切られているので、
調教コースから選ぶ事は出来ません。

タイムでいうと3Fから2Fでタイムを出している馬が、
来ていることから、ブルーデジャブ・ベルカント、
ポアゾンブラックはタイム面から推す事が出来ます。

上位実績で好タイムマーク馬を中心に、
穴っぽい所に流してみます。

推奨:馬連 11・15-15・13・17・1・8・18

結果

ミドルペース。

アンバルブライベンがマイペースで逃げて、
直線も好位で競馬を進めた馬達で決着。
カイシュウコロンボは後方からの競馬でしたが、
これも内を上手く回ってきたレース運びでの好走。
好タイムをマーク馬なので、状態も良かったのでしょう。

連を外すことは無いと思っていた◎.エピセアロームは、
中団に控えての競馬。いつもの様に前で競馬をすれば問題なかったのに、
なぜか控えた競馬をしたことで、結局外を回されることになり、
前を捉えきれないことに。

リトルゲルダとメイショウイザヨイには印を打っていただけに、
このハズレは痛いです。

 
<NST賞>

1.ダッシャーワン → 注
2.アスコットシチー → ▲
3.キズマ
4.キョウエイアシュラ → ◎

9.ドレッドノート → ○

予想

◎キョウエイアシュラ
○ドレッドノート
▲アスコットシチー
注ダッシャーワン

好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はキクノストーム、
ドレッドノート、ケビンドゥ。

新潟ダートは坂路。

キョウエイアシュラ中心も、
メンバー的にペースが流れない可能性ありで、
追込み不発も。

ココは馬券的にはスルーしたい。

推奨:スルー

結果

ミドルペース。

外からケビンドゥが逃げる中、ダッシャーワン、
アスコットシチー、キズマと上位人気3頭は好位。

結局この3頭がそのまま行った行ったの競馬。
◎.キョウエイアシュラも同じような位置にいましたが、
仕掛け所で遅れた分、連に絡めず。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ