イメージ画像

メルマガ成績 2014年8月30日~31日

メルマガ配信好調教馬成績

2014年8月30日~8月31日

全体成績

<成績>

新潟1:0-0-0-2 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
新潟2:1-0-2-4 勝率 14% 連対率 14% 連複率 43%
小倉1:0-0-0-1 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
小倉2:0-0-0-5 勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
札幌1:1-0-0-1 勝率 50% 連対率 50% 連複率 50%
札幌2:0-1-0-1 勝率 0% 連対率 50% 連複率 50%

全体:2-1-2-14 勝率 11% 連対率 16% 連複率 26%

 
<収支>

新潟1:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 200円 複収支-200円
新潟2:単勝計 420円 複勝計 790円 単収支- 280円 複収支+ 90円
小倉1:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 100円 複収支-100円
小倉2:単勝計 0円 複勝計 0円 単収支- 500円 複収支-500円
札幌1:単勝計 510円 複勝計 200円 単収支+ 310円 複収支 0円
札幌2:単勝計 0円 複勝計 210円 単収支- 200円 複収支+ 10円

全体:単勝計 930円 複勝計 1200円 単収支-970円 複収支-700円
単回収率:49% 複回収率 63%

単複差引 -1,670円

 
<評価別成績>

A:なし
B:0-0-2-6  勝率 0% 連対率 0% 連複率 25%
C:0-0-0-2  勝率 0% 連対率 0% 連複率 0%
D:2-1-0-5  勝率 25% 連対率 38% 連複率 38%

 

~反省~

メルマガにも書きましたが、
ペースが読めていないですね。

小倉日経オープンがその最たるもので、
今週の小倉全滅は流石に堪えます・・・。

好タイムマーク馬は、穴馬も上位にきていますが、
どうも好調教馬が上位に来ないのは、
やはりペース要素がシッカリできていないのが原因かもしれません。

 

特選馬

好タイムマーク馬の内、
前走までと比較して良化していると判断した馬。

~土曜~

<札幌>

なし

<小倉> 

02R 05 グランアルマダ(2人気) → 2着
10R 11 フロアクラフト(2人気) → 11着

<新潟>

07R 02 マドリードカフェ(5人気) → 5着
09R 12 キャニオンバレー(3人気) → 1着

 
~日曜~

<札幌>

08R 03 ベルプラージュ(1人気) → 1着

<小倉>

09R 05 ウイントゥモロー(5人気) → 6着

<新潟>

03R 12 ブルーホール(3人気) → 2着
10R 14 プリムラブルガリス(1人気) → 4着
11R 17 ナヴィオン(2人気) → 6着

 
好タイムマーク馬

「好タイムマーク馬」は好調教馬を除いた、
当週・1週前の追い切りタイムが単純に良かった馬。

~土曜~

<札幌>

03R 01 デルマシズカチャン(1人気) → 1着
09R 06 スワンボート(6人気) → 1着
10R 01 ダブルファンタジー(7人気) → 3着
11R 02 ショウナンバーキン(2人気) → 1着

<小倉>

01R 17 トップゴーオン(11人気) → 17着
02R 05 グランアルマダ(2人気) → 2着
11R 03 スタキナシャチョウ(8人気) → 6着

<新潟>

01R 03 アポロノシンザン(3人気) → 1着
07R 02 マドリードカフェ(5人気) → 5着
09R 12 キャニオンバレー(3人気) → 1着
11R 04 タイセイスティング(5人気) → 9着
   08 ツクバコガネオー(8人気) → 4着

 
~日曜~

<札幌>

08R 03 ベルプラージュ(1人気) → 1着
10R 03 ラヴィアンクレール(6人気) → 5着
   06 ベルウッドテラス(4人気) → 1着
11R 05 クリーンエコロジー(15人気) → 13着
   08 エイシンブルズアイ(7人気) → 5着
   12 スノードラゴン(4人気) → 8着

<小倉>

01R 04 カノヤカノニカル(13人気) → 6着
02R 13 ハッピーロード(7人気) → 3人気
06R 17 グッドイヴニング(1人気) → 11着
10R 06 オースミマイカ(9人気) → 7着
12R 04 アグネスジャスパー(14人気) → 16着
   08 メテオライト(2人気) → 6着

<新潟>

03R 04 アンリキャトル(4人気) → 12着
   12 ブルーホール(3人気) → 2着

 
【NP馬】

「NP馬」とは、展開が合わない人気馬
(つまりは、危険な人気馬

~土曜~

<札幌>

なし

<小倉>

09R 09 ヒマラヤテンカ(4人気) → 6着

<新潟>

03R 13 ドラゴンズタイム(2人気) → 1着

 
~日曜~

<札幌>

07R 12 ダラニ(3人気) → 7着
11R 03 スマートオリオン(2人気) → 7着

<小倉>

06R 03 エイコーンウィル(3人気) → 2着
12R 15 スズカキングダム(4人気) → 1着

<新潟>

02R 04 ミヤビソーダライト(5人気) → 9着
04R 07 サクセスラディス(1人気) → 14着

 

【メインはどの馬】

 
~土曜~

 
<HTB賞>

1.ショウナンバーキン → ○
2.サングラス
3.インナーアージ

予想

 
○ショウナンバーキン

 
好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はショウナンバーキン。

コレと言った馬おらず。
どの馬にもチャンスありそう。

であるならば、
好タイムマークしているショウナンバーキンのみで。

推奨:単複 2

結果

スローペース。

行く馬おらずサンガウラスがハナでマイペース。
○.ショウナンバーキンは番手のラチ沿い。
一団のまま直線勝負。逃げ粘るサングラスを、
内からシッカリ伸びたショウナンバーキンが競りかけて、
2頭同時にゴール。

前残りレースとも言えませんが、
マイペースで走れたサングラスと、
内で足を溜めれたショウナンバーキンの騎乗が上手かった印象。

 
<釜山S>

1.キングヒーロー → ○
2.サイモンガーランド → 注
3.ダノンミル
4.ベルサリエーレ → ◎

6.ステキナシャチョウ → ▲

8.バンブーリバプール → △

10.ディーエスコンドル → ×
11.サクラブライアンス → ×

 
予想

 
◎ベルサリエーレ
○キングヒーロー
▲ステキナシャチョウ
注サイモンガーランド
△バンブーリバプール
×ディーエスコンドル
×サクラブライアンス

 
好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はステキナシャチョウ。

ここはベルサリエーレと、
キングヒーローの一騎打ちと思いますが、
ベルサリエーレは恰好の的にされるので、
はたしてこれまで通り逃げる事が出来るかどうか。

鞍上的にはキングヒーローだが。
タイプが違うだけにドチラ共残るとは考えづらい。

推奨:馬連 13・8-3・1・7・11・6

結果

ややハイペース。

外から◎.ベルサリエーレがハナを切ろうとするも、
内からリッカアリュールが押してハナに立ちペースを作る。
○.キングヒーローは中団前目。3コーナーで馬群は一団になり、
ベルサリエーレが先頭に。

馬群が密集した所で早めに仕掛けたダノンミルが、
直線でベルサリエーレを交わすも、
4コーナーまでジックリ足を溜めていて、
直線外に持ち出して追い出されたキングヒーローが
シッカリ伸びて勝利。

順当な結果。

 
<BSN賞>

1.インカンテーション → ◎
2.ランウェイワルツ → 注
3.ヴォーグトルネード → ○
4.ツクバコガネオー → ▲


10.ジョヴァンニ → △

予想

 
◎インカンテーション
○ヴォーグトルネード
▲ツクバコガネオー
注ランウェイワルツ
△ジョヴァンニ

 
好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はタイセイスティング、
ツクバコガネオー。

前走叩いて上昇気配のインカンテーション。
昨年のレパードS勝ちもあり、コース相性も良い。
斤量は見込まれましたが、状態の良さで。

推奨:馬連 5-2・8・10・1

結果

ハイペース。

ジョヴァンニが大逃げ。
2番手にタイセイスティングが引っ張るも、これもややハイペース。
3コーナーで早くもジョヴァンニが失速し、タイセイスティングが
ハナに立つも、コチラも早く仕掛けすぎて失速。

その後ろにいたインカンテーションが直線で伸びて、
後方から追い込んできたランウェイワルツが迫るも、
セーフティリードを保ったままゴール。

前2頭はいくらなんでも飛ばし過ぎ。
そのペースに惑わされることなく自分のペースで走った大野騎手の好騎乗。

 

~日曜~

 
<キーンランドカップ>

1.ローブティサージュ → ○
2.レッドオーヴァル → ◎
3.マジンプロスパー
4.ブランダムール → ▲
5.エイシンブルズアイ → ×

8.スノードラゴン → ○

10.フクノドリーム → △

予想

 
◎レッドオーヴァル
○ローブティサージュ
▲ブランダムール
注スノードラゴン
△フクノドリーム
×エイシンブルズアイ

 
好調教馬不該当レース。

好タイムマーク馬はクリーンエコロジー、
エイシンブルズアイ、スノードラゴン。

レッドオーヴァルの前走の札幌日刊スポーツ杯の階タイム1.08.3は、
キーンランドカップの勝ち負けタイムとしては十分クリア。
前走よりも1kg減で走れるのも有利だと思います。

調教的に見ても、
土曜は札幌芝1200は新馬戦のみだったとはいえ、
上位3頭は全て札幌ダート追い+札幌芝追い締め。
この条件にあてはまるのはレッドオーヴァルのみというのも心強い。

推奨:馬連 15-7・10・12・2・8

結果

ミドルペース。

淀みのないペースで先行馬には息の入らない厳しい展開。
中団で足を溜めていたローブティサージュが直線前が上手く開いて、
先に抜け出していたマジンプロスパーを交わし勝利。

◎.レッドオーヴァルはやや出負け。
外々を回って最後詰めているので、枠の差と言えそうです。

マジンプロスパーは先行馬にはツライ流れながら、
最後まで粘っていたのは評価できます。
大幅馬体減も、過去の実績からも、
これぐらいの体重が1番走りやすい状態なのかもしれません。

 
<小倉日経オープン>

1.サトノジュピター → ×
2.スピリタス
3.ゲシュタルト → ▲
4.シゲルササグリ → ○



10.タムロスカイ → ◎
11.フレイムコード → △
12.ミキノバンジョー → 注

予想

 
◎タムロスカイ
○シゲルササグリ
▲ゲシュタルト
注ミキノバンジョー
△フレイムコード
×サトノジュピター

 
好調教馬はシゲルササグリ、タムロスカイ。

好タイムマーク馬は無し。

このメンバーであれば、それほどペースは速くならないはず。
であればコース変わりで前が止まらないことを踏まえて、
好調教馬タムロスカイから。

推奨:馬連 5-4・10・2・11・9

結果

ハイペース。

ミキノバンジョーがハナに立ち、
◎.タムロスカイとフレイムコードがそれに並びかけ、。
かなりのハイペース。

中団を無理なく追走していた×.サトノジュピターが、
直線シッカリ伸びて勝利。

完全にペース読み間違え。
差し競馬になりました。

 
<新潟2歳S>

1.ミュゼスルタン → △
2.アヴニールマルシェ → ▲
3.ニシノラッシュ → ○


6.ナヴィオン → ◎

8.ワキノヒビキ → 注

10.ヒルノマレット → ×

13.ディアコンチェルト → ×

予想

 
◎ナヴィオン
○ニシノラッシュ
▲アヴニールマルシェ
注ワキノヒビキ
△ミュゼスルタン
×ヒルノマレット
×ディアコンチェルト

 
好調教馬はニシノラッシュ、ナヴィオン。

好タイムマーク馬は無し。

予想ペースが難しいですね。
前に行きそうな馬が人気無さそうなので、
ゆったりとしたペースになりそうですが、
今の馬場を考えると差しが効かないとも思えません。

昨年のハープスターのような最後方一気というのは、
厳しいでしょうが、ある程度好位~中団の馬を狙うのが得策か。

まぁ、それでも毎年決め手のある馬で決まっているので、
今年のメンバーであれば上位人気で収まるのではないかなぁ
と思います。

特選馬ナヴィオンから。
ただし、新馬戦のように最後方からの競馬となると、
さすがに届かない可能性あり。

推奨:馬連 17-2・7・15・4・8・9

結果

ミドルペース。

2歳戦らしいゆったりとしたペースで、
直線の上り勝負。馬群中央を○.ニシノラッシュが抜け出したところ、
その内を△.ミュゼスルタンが差してきて先頭。
ニシノラッシュを挟んで外を▲.アヴニールマルシェが猛追するも、
わずかに届かずミュゼスルタンが勝利。

◎.ナヴィオンは最後方で直線。
大外に振られるように持ち出して追いこむも、
さすがに前の馬も強く、昨年のハープスターのようには行かず6着まで。

ミュゼスルタンは直線で寄られたりしていますが、
マズマズ流れに乗った走りを見せて勝利。
上手い騎乗でした。

アヴニールマルシェは不利なく追われているが、
一瞬の切れ味に乏しいか?

昨年のハープスターはもちろん、
滅茶苦茶なレース振りだったにも関わらず2着に入ったイスラボニータの、
2頭の衝撃の走りほどではありませんでしたが、
今年の上位2頭も来年クラシックでも賑わす馬になるかもしれません。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ