イメージ画像

JBC出走中央馬調教タイム

今週の好調教狙い馬番外編。

11月4日は金沢競馬場でJBCが行われます。
JBCとは指定交流重賞競走の1つで、
アメリカのブリーダーズカップを倣って、
1年ごとに違った地方競馬場で開催されます。

今年は金沢競馬場。

現在、中央馬に太刀打ちできる地方馬は皆無になってしまったので、
基本的には、中央馬を買っておけば当たります。

そこで、JBCに出走する中央馬の直近の調教タイムを乗せておきます。
参考にしてください。

JBCレディスクラシック
(金沢8R・ダ1500・牝 14:10)

スローの上り勝負になる事は間違いないので、
坂路で好タイムだしてればOKでしょう。

よって、メーデイアとアクティビューティが基本線ですが、
このメンバーならメーデイア1着固定で良いと思います。

 
JBCスプリント
(金沢9R・ダ1400 14:55)

ダート1400mというのがカギですね。

テスタマッタは調教掛けしない馬ですので、こんなもの。
となると、ここに出走してきた馬の調教は、全馬良いと思います。

ドリームバレンチノは初ダート。
2週連続でデムーロが調教をつけているほど気合いが入っているようですが、
「勝ち」とまではいかないでしょう。

となると、セイクリムズンかエスポワールシチーとなるのですが、
セイクリムズンは、南部杯前にはもっと強烈な時計が出ていました。
ココは復活したエスポワールシチーで。

 
JBCクラシック
(金沢10R・ダ2100 15:40)

ダート2100mのGⅠは久しぶりですね。

スローの上り勝負になりそうとはいえ、
さすがにこの距離だと調教量が軽いとダメでしょうね。

ソリタリーキングはズブさが出てきています。
ワンダーアキュートはタイム自体は悪くないが、
格下併走馬に軽くあしらわれているのが気になる。

クリソライトは輸送があるのに11/3まで時計(15-15)を出しています。
しっかり乗り込まれたとも言えますが、馬体が絞り切れていない可能性も。
これはパドックで注視したいところ。

現段階ではホッコータルマエとハタノヴァンクールが基本線。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ