イメージ画像

東京大賞典出走中央馬調教タイム

JBCに引き続き、「今週の好調教狙い馬」番外編。

12月29日は大井競馬場で東京大賞典が行われます。
指定交流重賞ですが、有馬記念とは別の意味で今年のラストを飾るGⅠレース。

今年のJRA所属馬はジャパンカップダートから上位入着のワンダーアキュート、
ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズと、ローマンレジェンド。
今年のレパードS2着だったサトノプリンシパルが出走。

今年も地方所属馬にチャンスのありそうな馬がいないので、
JRA所属馬で決まるでしょう。

では、JRA所属馬の直近の調教タイムです。

 
東京大賞典

サトノプリンシパルは自己ベスト。
今日の坂路でも全体でトップのタイム。
この全体タイムでラストも12.3でまとめているのは秀逸。

今年のJRA所属馬の中では成績的に1歩も2歩も落ちるが、
ジャパンカップダートで仕上げてきた4頭に比べて、
フレッシュなのは間違いなさそう。

ジュパンカップダート出走組ではニホンピロアワーズが
2週連続で好タイムマーク。前走5着で人気落とすようなら面白いかも。

他の3頭は、ベストではないにしろマズマズの出来といった感じ。

 
ホッコータルマエとニホンピロアワーズの勝負と予想します。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ