イメージ画像

クイーンアンS(2016)は、米最強マイラーTepin(テピン)が制す

クイーンアンステークス 2016【Queen anne Stakes】
(英・アスコット競馬場・芝8ハロン・4歳以上)

英王室主催で5日間にわたって行われる、
競馬の祭典ロイヤルアスコットの開幕レース。
古馬マイル戦。

前年覇者で欧州マイル王者Solow(ソロウ)はこの春は体調不良でお休み。
主役不在となりましたが、アメリカから昨年のBCマイル勝ちで、
現在6連勝中の米国芝最強マイラーTepin(テピン)が参戦。
コースと馬場状態の関係で、参戦するまで結構悩んでましたが、
今回が初の海外遠征。アスコットでもその強さを発揮できるかどうか。

他にもArod(アロド)Belardo(ベラルド)
Toormore(トーモア)Ervedya(エルヴェジャ)Esoteriqueなど、
圧倒的ではないにしろ、この路線の主役級メンバーが揃いました。

これらのメンバーに、前走モントルトゥー賞を勝利したエイシンエルヴィンが挑みます。
もともとは欧州血統の馬ですので、馬場は合うはず。あとは能力が足りてるか。
大金星を挙げる事が出来るか注目です。

 
レースはペースメーカーのBarchan(バーチャン)が飛ばす中、
好位につけたTepin(テピン)が、あっさり抜け出して、
迫るBelardo(ベラルド)を振り切り勝利。
3着に後方から追い込んだLightning Spear(ライトニングスピア)

エイシンエルヴィンは出遅れ後方のまま。
ここではレベルが違った印象ですが、よく頑張りました。

 

これでTepin(牝5)は20戦12勝。
重賞10勝目。GⅠ5勝目

血統等に関しては後ほど。

—————————————————————

血統

父はBernstein(バーンスタイン)。
英・愛の短距離重賞勝ち馬ですが、目立った成績はなし。
血統の良さからアメリカで種牡馬入り。
アルゼンチンで供用され、活躍馬を多数輩出。
日本には2頭輸入された内の1頭が朝日杯FS勝ちのゴスホークケン。

半姉にダートマイル重賞3勝のVyjack(ヴァイジャック)。
母父は日本でもおなじみストラヴィンスキー。

 
クイーンアンS(2016.6.14)

⇒ 映像(レーシングUK 直線だけ)

1.Tepin(テピン) 1.43.98(重)
2.Belardo(ベラルド) 1/2
3.Lightning Spear(ライトニングスピア) 1・1/4

10.エイシンエルヴィン

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ