イメージ画像

セントニコラスアビー死亡

<2014年1月20日>

アイルランドのクールモアスタッドは14日(日本時間同日深夜)、
GⅠ・6勝馬セントニコラスアビー(牡7、父モンジュー)が
重度のせん痛を発症、安楽死処分が取られたとHPで発表した。。

~スポニチ~

セントニコラスアビー(St Nicholas Abbey)が、
7か月間の長い闘病生活の末、亡くなりました。

セントニコラスアビーは欧州2歳牡馬に輝くほどの成績を上げ、
翌年のクラシックで期待されながらも、故障等でわずか1戦(6着)のみ。

明けて4歳。コロネーションCで当時欧州最強牝馬ミディを破り勝利。
キングジョージ凱旋門賞と好走するも勝ちきれなかったが、
ブリーダズカップターフを勝利しGⅠ3勝目。

5歳初戦はドバイシーマクラシックで前年英チャンピオンSを制した
シリュスデゼーグルとの競り合いに敗れ2着。
3戦目のコロネーションCレッドカドーを突き離しGⅠ4勝目。
続いて、キングジョージ英国際S愛チャンピオンS凱旋門賞
BCターフと世界中を転戦するも、好走止まり。

6歳になり、ドバイシーマクラシックに再挑戦。
ジェンティルドンナを突き離しての勝利でGⅠ5勝目。
続くコロネーションCドゥーナデン相手に楽勝し連覇でGⅠ6勝目。

前年負けていたフランケルデインドリームは既に引退。
アビーが欧州の主役になるかと思われた矢先に、重度の故障で引退。

ノヴェリストとの欧州最強決着も未対決のままでした。

通算21戦9勝
大敗したのは、極悪馬場だった’12年凱旋門賞のみ(11着)。
主役には慣れないが、堅実な馬でした。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ