イメージ画像

2014年凱旋門賞はトレヴの連覇!!

<2014年10月5日>

10月5日、フランスのロンシャン競馬場で凱旋門賞(GⅠ・芝12F)が行われ、
中団待機していた前年度覇者トレヴ(牝4・T.ジャルネ)が、
直線内からあっという間に後続を突き離し、見事に連覇達成。

2着がフリントシャー、3着がタグルーダ

日本馬は、ハープスターが後方大外から追い込み6着。
ジャスタウェイは馬群の内から伸びるも7着。
ハープスター同様後方から大外に持ち出したゴールドシップは大敗。

 

最終着順・結果

 
トレヴは見事としか言えません。
今年は斤量負けしたかのように微妙な負け方ばかり。
でも、大一番でこの走りをみせるのだから、
オルフェーヴルを置き去りにしただけあります。

 
ジャスタウェイは仕方ない。精一杯の競馬です。

ハープスターは鬼脚を見せて負けて強しとも言えますが、
凱旋門賞で、経験値不測の鞍上であの作戦で勝つには厳しい。
勝つには詰まってでも内を突くべきでした。

ゴールドシップは、後方に位置づけた時点で終了だったかと。
日本にいた時のようにマクリを決めようとしていましたが、
凱旋門賞でのマクリは、かなり力が抜けていないと無理。

結果的に、今年も日本馬の戴冠はなりませんでしたが、
やはり3歳牝馬の挑戦は、どんどんすべきかと思います。

 
古馬はよほど抜けた馬でないと凱旋門賞は無理なので、
他の海外ビッグタイトルの方にも目を向けてほしいものです。

まぁ、改めて上の結果表をまとめてみたんですが、
「血統じゃね?」
って感じですね。

でも、このダンジグ×サドラーズウェルズは
日本では通用しないというのが難儀でして・・・。

 

2014年 凱旋門賞 出馬表
2014年 凱旋門賞 出走馬①
2014年 凱旋門賞 出走馬②
2014年 凱旋門賞 出走馬③

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ