イメージ画像

ドイツダービーは直線超大外圧勝のシーザムーン。

<2014年7月7日>

6日にドイツ・ハンブルク競馬場で行われたドイツダービー(GⅠ、芝2400m)は、
断然人気に推されたクリストフ・スミヨン騎手騎乗のシーザムーン
11馬身差の圧勝。無敗でドイツ3歳馬の頂点に立つとともに、
凱旋門賞路線の新星として注目を集めることになった。
勝ちタイム2分29秒86(良)。

~sanspo.com~

スタートから徐々に先頭に並びかけハナに立ったシーザムーンでしたが、
最終コーナーで大きく外ラチの方へ走っていく。
数秒その姿が消えますが、直線で内から追い出しに入っている各馬を横目に、
外ラチ沿いを1頭楽な多手応えで大楽勝するシーザムーン
直線半ばからは、もう流しての着差です。

基本的にこの競馬場は外が伸びる馬場。
とはいえ、ここまで極端な競馬をするのは相当な度胸。
能力があるという前提のモノですが、さすがスミヨンと言ったところでしょうか。

シーザムーンシーザスターズ産駒(母父Monsun)。
これで4戦4勝。無敗のまま一気に欧州路線の主役級に上り詰めました。

今回出走したドイツの3歳勢のレベルがどの程度なのかは、
これから分かってくるのですが、
少なくともシーザムーンがみせたこのパフォーマンスは、
現段階で欧州トップレベルと言っても良いと思います。

ドイツダービー勝ち馬というと、
昔でいうと1995年ジャパンカップ制覇したランド
近年ではディープインパクトのライバルと目されたシロッコなどが、
日本では馴染み深いですかね。

今年から日本で繋養されているノヴェリストも、
一昨年のドイツダービー2着馬(1人気)です。

今年の凱旋門賞のオッズで一気に3番人気に推されるほどの
パフォーマンスだったシーザムーン
この欧州の新生は、どこまで上り詰めるか楽しみです。

個人的には、
凱旋門賞というレースにおいては、
オーストラリアシーザムーンかなと思っていますが。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ