イメージ画像

2014年キングジョージを制したのは3歳牝タグルーダ!!

<2014年7月27日>

ヨーロッパ競馬の上半期を締めくくる大一番
キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス
(芝12ハロン=約2400m)が26日、イギリス・アスコット競馬場で8頭によって行われ、
ポール・ハナガン騎手騎乗のタグルーダ(英=ジョン・ゴスデン厩舎、牝3歳)が優勝。
3歳牝馬としては38年ぶりのVとなった。
勝ちタイムは2分28秒13(良)。

~sanspo.com~

 
欧州最高峰の中長距離GⅠの1つである、
キングジョージⅥ&クイーンエリザベスS(以下、キングジョージ)は
3歳牝馬タグルーダ(父シーザスターズ)が勝利しました。

欧州競馬的にはキングジョージの価値観が昔より下がっていますが、
日本的には、凱旋門賞と同じぐらいビッグネームである同レース。
過去にはスピードシンボリシリウスシンボリエアシャカール
ハーツクライディープブリランテが挑戦したレースです。

今年の欧州古馬戦線は例年に比べていささか低レベル。
比例して3歳勢が活発で、ここも無敗で今年の英オークス
勝利したタグルーダが人気になっていました。

レースは2番手集団の先頭で追走していたエクリプスSの
勝ち馬ムカドラムが抜群の手応えで直線へ。
そこに1人気テレスコープが差してくるも、
その外を後方から伸びてきたタグルーダが差し切って完勝。

牝馬での勝利は一昨年のデインドリーム以来。
3歳牝馬での勝利はPawneese(ポーニーズ)以来。

この後、凱旋門賞にいくかどうかは未定なものの、
3歳牝馬は斤量面から圧倒的に有利な凱旋門賞の筆頭に、
上り詰めたのは間違いないでしょう。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ