イメージ画像

バーデン大賞、勝ち馬はイファンホーヴェ。シーザームーン敗れる。

2014年9月7日、ドイツのバーデンバーデン競馬場で、
バーデン大賞(GⅠ・芝2400m)が行われました。

レースは、圧倒的1番人気に推されたシーザームーン(牡3・C.デムーロ)が、
ペースメーカー無視してハナに立ちレースを引っ張る形に。
それを見るようにイファンホーヴェ(Ivanhowe・牡4)が追走。
直線でシーザームーンが後続を突き離すかに見えましたが、
思ったよりも伸びず、ラチ沿いを伸びたイファンホーヴェが交わして、
逆にシーザームーンを突き放しての快勝。

イファンホーヴェはコレがGⅠ初勝利(重賞3勝目)。

 
今年のバーデン大賞は、凱旋門賞で有力な1頭であるシーザームーン(牡3)に
注目が集まりました。シーザームーンは7月に行われたドイツダービーで、
1頭大外ラチ沿いを突っ走り、最後は流しながら2着以下に11馬身差をつけての圧勝。
当サイトでも衝撃の走りとして紹介しましたが、
これを受けて一躍凱旋門賞の最有力候補となりました。

一息入れて凱旋門賞のステップとして選んだのがこのバーデン大賞
左回りの芝2400mのレースですが、例年直線では各馬外ラチ沿いに寄るので、
シーザームーンとしては左回りをこなす事が出来ればおあつらえ向きのレース。

他の出走メンバーは、
ドイツダービーではシーザームーンの後塵(2着)を喫したものの、
古馬との初対戦となったダルマイヤー大賞で、
欧州のトップ古馬の1頭であるノーブルミッションを競り落としたラッキーライオン
春のクラシックは未出走も古馬混合ベルリン大賞を3歳で制したシリウス
そのベルリン大賞では3着でしたが、昨年のドイツダービーラッキースピード
等、今年のドイツ中距離馬のトップホースが集まっていました。

勝ったイファンホーヴェは父がSoldier Hollow。母がIndigo Girl(父Sternkoenig)。
オッペンハイム・ウニオ・レネン(GⅡ・芝2200m)で重賞初制覇。
前走のシャンティ大賞典(GⅡ・芝2400)では勝ち馬のスピリットジム(Spiritjim)
6着に敗れています。

シーザームーン
本番の凱旋門賞に100%になるように、
今回は軽めの仕上がりを強調していましたが、
う~ん、この内容だと想像していた強さは無いかも。

ただし前半で終始力んで走ってたのも事実ですので、
本番ですんなり走れば分かりませんが、
最有力候補から有力候補に変わった印象です。

ちなみにスピリットジムは、
昨年のニエル賞キズナの6着に敗れた馬。そこから現在5連勝中です。
来週、凱旋門賞前哨戦のフォワ賞にも出走してくるので、要注目です。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ