イメージ画像

愛チャンピオンSでザグレイギャッツビーがオーストラリアを抑える。

<2014年9月13日>

9月13日、アイルランドのレパーズタウン競馬場で行われた、
アイリッシュチャンピオンステークス(GⅠ・芝10ハロン)は、
The Grey Gatsby(ザグレイギャッツビー)(牡3・R.ムーア)が
1番人気Australia(オーストラリア)を、ゴール前で頭差差し切り勝利。

 
2年前は日本でもおなじみのスノーフェアリーが勝った同レース。
今年は英愛ダービー制覇し前走の英国際Sでも、
快勝したAustralia(オーストラリア)に注目が集まりました。

他にも1度は引退したものの現役復帰したAl Kazeem(アルカジーム)や、
安定した成績を残しているTreading Leather(トレーディングレザー)
エクリプスSを勝利したMukhadram(ムカドラム)、
仏ダービーを勝利したThe Grey Ghatsby(ザグレイギャッツビー)等、
Noble Misssion(ノーブルミッション)の回避は残念ですが、
7頭立て(他2頭はペースメーカー)とはいえ、濃いメンバーが揃いました。

レースは、やや速いペース。
終始後方2番手の外を走ったオーストラリア
抜群の手応えで直線向き、あっという間に先行各馬を抜き去りましたが、
オーストラリアの後ろをズットマークし続けたザグレイギャッツビー
直線並びかけ激しい2頭のデッドヒートの末、ゴール前でわずかに差し切り勝利。

これはオーストラリアのみをマークし続けた陣営の勝利。
素晴らしいレースでした。

ザグレイギャッツビーは父がMastercraftsman、母はMarie Vision(父Enterpreneur)。

 
オーストラリアは凱旋門賞には登録しているものの、
出走については可能性が低く、英チャンピオンSに向かう公算が高いです。
ザグレイギャッツビーも同様。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ