イメージ画像

2014年フォワ賞はルーラーオブザワールドが復活勝利

<2014年9月14日>

9月14日、フランスのロンシャン競馬場で行われたフォワ賞(GⅡ・芝12ハロン)は、
Ruler Of The World(ルーラーオブザワールド)(牡4)が逃げ切り勝利。

 
凱旋門賞のステップレースで重要なレースの1つ。
古馬牡馬勢のステップレースみたいなものです。
一昨年・昨年とオルフェーヴルが危なげなく連覇。
近年は勝ち馬こそ出ていないものの、本番でも好走する事が多く、
もちろん、ここの勝ち馬は要注目です。

今年は6頭という少頭数。
昨年の英ダービー馬Ruler Of The World(ルーラーオブザワールド)
昨年のニエル賞こそキズナの6着だったものの、
それ以後は5連勝(内、前走のサンクルー大賞は失格)のSpritjim(スピリットジム)
勝ちはしないが大負けもないFlintshier(フリントシャー)の、
4歳牡馬3頭に注目が集まりました。
(全てニエル賞でキズナに敗れていますが)

 
レースは、ルーラーオブザワールドがハナを切り淡々としたペース。
直線もフリントシャー(2着)やスピリットジム(3着)が迫ってくるも、
セーフティリードを保ったまま勝利。

ルーラーオブザワールドは父がGalileo、母はLove Me True(父Kingmambo)。
昨年のニエル賞でキズナと激戦の2着だったとはいえ、
昨年の英ダービー以来の勝ち星。
鞍上はトレヴを降ろされたデットーリが騎乗というのも面白い。

 
フォワ賞は上位実力馬がそのままワン・ツー・スリー。
それぞれが余力を持ちながらも力を出し切った感があり、
あとは他馬との比較になります。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ