イメージ画像

2014年ヴェルメイユ賞を制したのはバルティックバローズ

<2014年9月14日>

9月14日、フランスのロンシャン競馬場で行われた、
ヴェルメイユ賞(GⅠ・牝・芝12ハロン)は、
Baltic Baroness(バルティックバロネス)(牝4)が勝利。
期待されたトレヴは4着。

 
凱旋門賞のステップレースで最重要レース。
昨年はTreve(トレヴ)が勝利し、そのまま本番も制覇。
このレースを勝ったからと言って必ず本番に直結するとは言いませんが、
近年は本番での斤量面の恩恵からココを好走すると本番でも好走するという流れが、
出来上がっています。

今年は昨年度覇者のトレヴが最大の注目。
今年は2戦してガネー賞で2着、プリンスウェールズ賞で3着と、
昨年見せた圧倒的強さが鳴りを潜めています。
得意のコースに戻っても、イマイチであるのであれば、
凱旋門賞でも不安が残ってしまいます。
メンバーがメンバーだけに、勝ち方にも注目。
はたして・・・。

 
レースは、スローの一団のまま淡々とレースが進み、直線の切れ味比べ。
トレヴは最後方からの競馬で、直線大外伸びてはいるが、
前が全く止まらずに、結局「行った行った」の競馬で、
Baltic Baroness(バルティックバロネス)が逃げ切り勝利。
好位からの競馬のPomology(ポモロジー)が入り、
トレヴは4着。

バルティックバロネスは父がShamaradal、母はBorn Wild(父Sadler’s Wells)。
春のガネー賞(トレヴが2着)では6着に敗れているものの、
連勝で挑んだ今回初GⅠ制覇。

 
スローで前残りレース。
後方から行ったトレヴには厳しい展開になったとはいえ、
それでも昨年のような爆発力が足りないのは否めません。
凱旋門賞連覇となると厳しいかもしれません。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ