イメージ画像

『ドバイ国際競走2015』 日本馬出走レース(WC・SC・UAEダービー)出馬表

ドバイワールドカップ
GⅠ・ダート2000m・9頭立て 3月28日(土)26:00発走予定

<展望>
例年に比べ、メンバー構成はやや弱め。
今年からドバイのダート戦は2010年より施行されていたオールウェザーから、
それまでのダートに戻しての初年度となります。
それでも前年度覇者アフリカンストーリーは前哨戦をシッカリ勝利。
今回のダートでもやれることを証明しました。
しかし1番人気が予想されるのはアメリカ2冠馬カリフォルニアクローム
ベルモントSの敗退以降、いまいち波に乗り切れていませんが、
それでも、そこまで見せていたパフォーマンスがここでも発揮されれば、
やはり1番怖い存在でしょう。
日本馬はホッコータルマエエピファネイアが参戦。
ホッコータルマエは昨年同レース最下位。しかし今回ダートに戻ったことは、
陣営にとっては歓迎と捉えているようで、日本のダート王が雪辱の一戦。
エピファネイアは初ダートが最大のカギ。
しかしダートで施行されていた2001年にはトゥザヴィクトリーが2着に好走したように、
適正さえあれば十分勝ち負けになるはず。ココを勝てば、秋はブリーダーズカッップも
挑戦の芽が出るわけで、色々な意味で楽しみな1戦。

 
ドバイシーマクラシック
GⅠ・芝2410m・9頭立て 3月28日(土)25:15発走予定

<展望>
日本馬と相性の良いレース。
メンバー構成は、かなり薄いです。
海外馬の中心はフリントシャーデザインオンローム
フリントシャーは世界を回ってどのような条件でも好走する等、安定感抜群。
しかし勝ちきれない馬でもあるので、つけ入るすきは大いにあります。
デザインオンロームは香港中距離界を引っ張ている馬ですが、
一時期の力からは衰えを見せているため、決して敵わない相手ではありません。
日本からはハープスターワンアンドオンリーが出走。
ハープスターは個人的には距離適性からココよりも、
ドバイターフ(旧デューティフリー)に出走してほしかったが、こなせる範囲ですので、
直線一気とかしない限り、上位進出または勝利に近づけるでしょう。
ワンアンドオンリーは調子が戻っているかどうか。
昨春の状態戻っていれば父ハーツクライが圧勝した舞台で親子制覇も。

 
UAEダービー
GⅡ・ダート1900m・10頭立て 3月28日(土)22:55発走予定

<展望>
ここは海外の若駒だらけなうえに、
情報の少ないサウジアラビアの馬もいるので、予想は立てづらい。
相手は前哨戦を完勝したムビタヒージと、
そのムビタヒージに競り勝ったマフトゥールになるかと。
前哨戦2着のサーヴィーバーは規定により他馬より4.5kg重い59.5kgを背負うため、
前哨戦で負けている時点で、厳しい戦いになりそう。
日本からはゴールデンバローズタップザットディアドムスが出走。
これも走ってみない事には分かりませんが、中でもゴールデンバローズは、
圧勝続きのレース内容的にも血統的にも楽しみな1戦になりそうです。
出遅れ癖があるので、そこだけが心配か。
タップザットディアドムスも馬場適正さえ合えば、
上位進出も不可能ではないと思います。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ