イメージ画像

ドバイワールドカップ(2015)は老兵プリンスビショップ

ドバイワールドカップ

結果

 1.プリンスビショップ
 2.カリフォルニアクローム
 3.リー
 4.キャンディーボーイ
 5.ホッコータルマエ

 

ホッコータルマエがハナでペースを作る。
番手にアフリカンストーリーカリフォルニアクローム
エピファネイアは中団待機。

淀みない流れで進んでいくところ、
早くもエピファネイアの手応えが無くなり脱落。
最終コーナーに突入して、外の番手につけていたカリフォルニアクローム
絶好の手応えを見せるも、さらにその後ろからプリンズビショップが猛追。

一瞬でプリンズビショップカリフォルニアクローム
交わしていき、そのままゴール。

プリンスビショップ(セ8)は父ドゥバイ。母父プロスペクトバイ。
11年は10着、12年は7着、13年はシーマクラシック10着、14年は9着と、
常に挑戦し続けてきた結果、ついに悲願の優勝。
前走のマクトゥームチャレンジR.3で、前年度覇者アフリカンストーリーを
猛追して2着に入るなど、今年からの馬場でもやれるという自信がついていたのも、
今回の結果につながったのでしょう。

 
ホッコータルマエは最後の最後で力尽き5着。
厳しい流れの中、頑張ったと思います。
エピファネイアは完全にダートが合わなかった印象。
合うと思ったんですが、馬にやる気が無くなっていました。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ