イメージ画像

クイーンエリザベスⅡ世S(2015)はSolowが勝利

クイーンエリザベスⅡ世S【Queen Elizabeth Ⅱ Stakes】
(英・アスコット競馬場・芝8F)

今年の欧州マイルチャンピオン決定戦。

今年はドバイターフからマイルGⅠ4連勝中のSolow(ソロウ・セン5)と、
英愛2000ギニー勝ち馬のGleneagles(グレンイーグルス・牡3)の対決に注目。
ただし、Gleneaglesは馬場による出走回避が続きに続いて、
6月のセントジェームズパレスS以来の出走。

他にはジャンプラ賞勝ち馬Territories(テリトリーズ・牡3)や、
昨年のサンチャリオットS勝ち馬Integral(インテグラル・牝5)など。

 
レースはElm Park(エルムパーク)が引っ張り、Solowは3番手。
Gleneaglesは中団の後方。
各馬追い出しに入りSolowが抜け出し、そのままゴール。
2着には後方から伸びたBelardo(ベラルド)
3着以下は大混戦の中、最低人気のGabrial(ガブリエル)が入り2~3着は大荒れ。

 
これでSolowは17戦12勝。
重賞7勝。GⅠ5連勝となりました。

 
以下、以前の記事より抜粋

——————————————————————-
Solow(ソロウ)セ5・仏 

父:Singspiel 母:High Maintenance(父 Hihest Honor)

父のシングスピールはジャパンカップの勝ち馬で日本でもおなじみ。
母母父ファビラスダンサーはジャパンカップ2着の、
ファビラスラフインの父ですので、コチラも聞き覚えあるのではないでしょうか。
それだけでなく実は母母母のYoung Hostess(ヤングホステス)の姉である、
Yamuna(ヤムナ)はレーヴドスカーの祖母。
日本で活躍しているレーヴ一族は近親に当たります。

—————————————————————————-

 
クイーンエリザベスⅡ世S(2015.10.17)

1.Solow(ソロウ)
2.Belardo(ベラルド)
3.Gabrial(ガブリエル)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ