イメージ画像

ジャパンカップ出走予定だったドルニヤ引退

今年のドバイシーマクラシックを勝利して、
ジャパンカップに出走表明していたDolniya(ドルニヤ・牝4)が、
故障引退しました。

”Sheema Classic star Dolniya retired”(海外:レーシングポスト)

前走の凱旋門賞(13着)で直線追い出し中に、
前を挟まれて顔を上げる形でブレーキ。
その後、鞍上のスミヨンは追わずにズルズル後退していましたが、
このアクシデントの前後で骨折していたようです。

凱旋門賞出走前に、固い馬場の方が好ましいと判断していた陣営は、
ジャパンカップの出走を表明していましたが、
これで出走は叶わず引退となりました。

ドバイSC覇者Dolniya(ドルニヤ)ジャパンカップ参戦!?

はたして、日本でどれぐらい走れるのか見たかったので残念です。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ