イメージ画像

香港国際競走 2015

香港国際競走 2015

香港競馬、暮れの祭典『香港国際競走』。

12月13日、香港のシャティン競馬場で、
芝1200m・芝1600m・芝2000m・芝2400mの、
4つのGⅠレースが行われます。

今年も日本馬が複数頭挑戦。

 

香港ヴァーズ 芝2400m 発走予定時刻 15:00

何と言っても前年度覇者を狙うFlintshire(フリントシャー 仏・牡5)
ジャパンカップ出走も報じられていましたが、それを回避して連覇に挑む。
昨年は詰め詰めのローテーションでしたが、
今年の秋は凱旋門賞(2着)のみ。体調は万全でしょう。
2番手以降は混戦。
凱旋門賞3着に入ったNew Bay(ニューベイ)と接戦を演じたと言うとなると、
Higland Reel(ハイランドリール 愛・牡3)や、Dariyan(ダリヤン 仏・牡3)となるが。
香港勢は1~2枚落ち。

⇒ 結果

 
香港スプリント 芝1200m 発走予定時刻 15:40

日本からストレイトガールサクラゴスペルミッキーアイル
香港勢からは、これまでマイル路線で活躍していたものの、
その路線には怪物がいた為、短距離に路線変更し、
前哨戦ジョキーカップスプリントを快勝したGold-Fun(ゴールドファン 香・セ6)が中心。
その前哨戦2着で昨年同レース2着のPeniaphobia(ペニアフォビア 香・セ4)や、
3着のNot Listenin’stone(ノットリスニンズトーン 香・セ4)も展開次第。
6着だったStrathmore(ストラスモア 香・牡4)も大外に持ち出す不利がありながら、
最後は鋭い脚だっただけに嵌れば。今年のBCターフスプリントを、
勝利したMongolian Saturday(モンゴリアンサタデイ 米・セ5)も渋とい脚が魅力。
ただ抜けた馬はいない様に思うので、前年3着のストレイトガールはもちろん、
日本馬にもチャンスはありそう。

⇒ 結果

 
香港マイル 芝1600m 発走予定時刻 16:50

日本からモーリスフィエロダノンプラチナ
香港史上最強マイラー呼び声高いAble Friend(エイブルフレンド 香・セ6)が連覇に挑む。
ただし、春に遠征したクイーンアンSで見せ場なく6着に敗れると、
復帰戦にはスプリント戦(1着)、前哨戦のジョッキーカップマイルでは
いつもの伸びが無く3着と、遠征前よりややリズムが狂っている印象。
その前哨戦で大金星を挙げたBeauty Flame(ビューティフレイム 香・セ5)と、
同3着のContentment(コンテンメント 香・セ4)(香・セ4)。
BCマイル(2着)で鋭い脚を見せたModialiste(モンディアリスト 英・牡5)
欧州のマイル路線で安定した成績のToormore(トアモア 英・牡4)
欧州マイル女王Esoterique(エソテリク 仏・牝5)(仏・5牝)と、
かなり高レベルなメンバーが揃っています。
このメンバー相手に日本勢がどこまでやれるか。楽しみな1戦。

⇒ 結果

 
香港カップ 芝2000m 発走予定時刻 17:30

日本からヌーヴォレコルトステファノスエイシンヒカリサトノアラジン
香港のこの路線の勢力図はほとんど変わらず。
前哨戦を勝利したMilitary Attack(ミリタリーアタック 香・セ7)
2着のBlazing Speed(ブレイジングスピード 香・セ6)
前年度覇者Designs On Rome(デザインズオンローム 香・セ5)の香港勢3頭に、
オーストラリアのCriterion(クライテリオン 豪・牡4)が、この路線の中心。
凱旋門賞6着のFree Eagle(フリーイーグル 愛・牡4)などもいるが、
ホームアドバンテージ的に厳しめ。
であるならば、ここ2戦大外から豪快に伸びたBeauty Only(ビューティーオンリー 香・セ4)の、
戴冠も十分にあり得る。
ステファノスは春のクイーンエリザベスⅡ世Cで、
上記の香港勢に割って入っての2着ですので、
シャティンでの適性も確認済みですし、今の充実ぶりなら十分に勝負になりそう。
エイシンヒカリ、サトノアラジンも展開次第で。

⇒ 結果

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ