イメージ画像

愛ダービー(2015)は、Jack Hobbs(ジャックホッブス)が楽勝

アイルランドダービー【Irish Derby】
(愛・カラ競馬場・芝12F10Y・3歳)

2015年愛ダービーを制したのはJack Hobbs(ジャックホッブス)でした。

聞き覚えのある方も多いでしょうが、
前走・前々走と英ダービー馬Golden Horn(ゴールデンホーン)の2着だった馬。

レースは好位に取り付けたJack Hobbsが、
直線逃げていたStorm The Stars(ストームザスターズ)を楽に交わして、
後続を寄せ付けずの楽勝。

2~4着は、英ダービーの3着・4着・6着馬ですので、
英ダービーがそのまま移ってきただけの順当な結果ともいえますが、
それだけにそのレースを完勝したGolden Hornの強さが際立ちます。

このレースには他に仏ダービー2着のHighland Reel(ハイランドリール)や、
英オークス馬Qualify(クオリファイ)も出走していましたが、
共に見せ場なしに終わりました。

 
血統表

Halling(ホーリング)はエクリプスSと英国際Sを連覇など、
デビューからの3戦とBCクラシック・ドバイWCのダート戦以外は、
ほぼ完ぺきの成績の名馬。
種牡馬としてはそれなりの成績。

祖母のGolden Pond(ゴールデンポンド)はアメリカの重賞、
オーキッドHC(芝2400)とスワニーリバーHC(芝1800)の勝ち馬。
4代前の母Daffodil Dayの兄に、
エクリプスSやプリンスオブウェールズS連覇のConnaught(コノート)がいます。

父母共に現在の欧州競馬では勢いのある血統とは言えませんが、
サドラーズウェルズ系とダンジグ系で飽和状態になっている欧州では、
こういった血統で力のある馬は貴重ですので、
種牡馬としては意外と重宝されるかも。

 
愛ダービー(2015.6.27)

 1.Jack Hobbs
 2.Storm The Stars
 3.Giovanni Canaletto

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ