イメージ画像

プリンスオブウェールズS(2015)はFree Eagle(フリーイーグル)が制す

ロイヤルアスコット 2015 第2日目(2015.6.17)

プリンスオブウェールズステークス

 1.Free Eagle(フリーイーグル)
 2.The Grey Gatsby(ザグレイギャッツビー)
 3.Western Hymn(ウェスタンヒム)

番手で追走したFree Eagleが直線手応え良く先頭に躍り出る。
その後ろで競馬をしていたThe Grey Gatsbyが狭い所から、
ワンテンポ遅らして猛追。
ゴールまで競り合いが続きましたが、わずかにFree Eagleがしのいで勝利。

日本から出走のスピルバーグは後方追走。
直線入って一瞬先頭に並び掛かけますが、
直線半ばで脚が鈍り始め、なんとか粘ろうとするも、
上位2頭からは突き離されました(6着)。

勝ち馬については後ほど。

 
Free Eagle(フリーイーグル)牡4 

父:High Caparral 母:Polished Gem(父 デインヒル)

父High Caparral(ハイシャパラル)は、英ダービーやBCターフ含むGⅠ6勝の名馬。
種牡馬としても優秀な馬を多く輩出するも、15歳で疝痛により死亡。
母Polished Gem(ポリッシュジェム)の母Trusted Parther(トラステッドパーサー)は、
愛1000ギニー勝ち馬で、Golden Sari(ゴールデンサリ)から続くこの牝系は世界各地で
活躍馬を輩出する名牝系です。
日本では昨年の函館2歳S勝ち馬アクティブミノルもこの牝系。

これでFree Eagleは5戦3勝。重賞2勝目でGⅠ初制覇となります。
2013年8月にデビューし、2戦目のジュヴェナイルターフトライルS(GⅢ)では、
後の英愛ダービー馬Australia(オーストラリア)に敗れ2着。
そこから1年の休養を挟んで復帰戦のエンタープライズS(GⅢ)を圧勝。
続いて英チャンピオンSに出走も、Noble Mission(ノーブルミッション)、
Al Kazeem(アルカジーム)に離された3着に終わる。
中間に一頓挫あって、今回はその英チャンピオンS以来、
8か月ぶりの出走となりました。

 

 

 

関連記事

“プリンスオブウェールズS(2015)はFree Eagle(フリーイーグル)が制す” への2件のフィードバック

  1. ウマスケ より:

    はじめまして。
    ウマスケっていいます。

    いつも楽しみに読ませてもらってます。
    文章がめっちゃ分かりやすく、参考にさせてもらってます。

    私も競馬サイトを始めたので、良ければ遊びに来てください。

    • k-wind より:

      ご訪問ありがとうございます。
      サイト拝見しました。
      競馬やその他の事を面白おかしく伝えてらっしゃいますね。
      ウマスケさんのサイトを見て、もっと競馬ファンが増えていけば嬉しいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ