イメージ画像

American Pharoah(アメリカンフェイロー)、37年ぶり米3冠達成!!

2015年6月6日(日本時間6月7日)

第147回 ベルモントステークス(GⅠ)
(アメリカ・ベルモント競馬場 ダート12F)

米3冠最終戦ベルモントS。

ここまで2冠を奪取したAmerican Pharoahが、
1978年アファームド以来37年ぶりの米3冠を達成!!

 
1冠目のケンタッキーダービーを終始外からの競馬でねじ伏せる勝ち方。
2冠目のプリークネスSは突然の豪雨で他馬がスタミナが無くなるのを横目に、
悠然と逃げての圧勝劇。

そして今回3冠目のベルモントSケンタッキーダービーから中2週・中3週という、
短い間隔でさらに未知の約2400mという距離の壁。
この37年間、幾多の2冠馬がこれに挑み敗れてきました。

 
圧倒的1番人気に推されたAmerican Pharoah(アメリカンフェイロー・アメリカンファラオ)は、
5番枠からの出走。スタートも上手く出て楽にハナに立ちます。

各馬がその後ろでAmerican Pharoahの出方を伺うゆったりとした流れ。
2番人気Frosted(フロステッド)が3~4コーナーでがっちり後ろでマークする中、直線へ。
Frostedが仕掛け始めるもAmerican Pharoahの手応えは衰えない。
逆にその差はジワジワ広がり感涙の大歓声の中、独走でゴール。

ついに1978年アファームドが達成して以来37年間、
13頭の2冠馬が阻まれた大きな壁を打ち破りました。

 
史上12頭目の米3冠馬が誕生しました。

 
American Pharoah

血統

Pioneerof The NileはサンタアニタダービーなどGⅠ2勝(重賞4勝)。
ケンタッキーダービーは2着。
祖父Empire Maker(エンパイアメーカー)はベルモントSなどGⅠ3勝。
エンパイアメーカーもケンタッキーダービーは2着でした。
現在は日高で絶賛種付け中。祖父で高齢ですが買戻しあるか?

Littleprincessemmaは未勝利馬も、
その兄姉に重賞勝ち馬2頭。

通算成績

8戦7勝(GⅠ6勝含む重賞7勝)
(デビュー戦は5着)

主な勝ち鞍

2014年:デルマフューチュリティ、フロントランナーS
2015年:ケンタッキーダービー、プリークネスS、ベルモントS、アーカンソーダービー

 

<結果>

1.American Pharoah
2.Frosted
3.Keen Ice

勝ちタイム:2.26.5
上り4F:48.6 上り2F:24.3

注:↑逃げてのタイムです(驚)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ