イメージ画像

英国際S(2015)の出走馬確定

英国際S(2015)の出走馬決まる

19日に行われる今年の英国際S(Juddmonte International)の、
出走馬が決まりました。

先日書いたWギニー馬Gleneagles(グレンイーグルス)と、
英ダービー馬Goloden Horn(ゴールデンホーン)も予定通り確定。
※当日馬場が悪ければスクラッチの可能性はありますが。

⇒ Gleneaglesは馬場を理由にスクラッチ(回避)しました。

 
ではあらためて出走馬を見てみます。

1.Cougar Mountain(クーガーマウンテン 牡4)

 10戦2勝 父 Fastnet Rock 母 Descant(Nureyev)
 コーラルエクリプスでGolden Hornの4着。
 前走デズモンドSで初重賞制覇。
 コーラルエクリプス以外は短距離~マイル戦のみの出走。

2.Criterion(クライテリオン 牡4)

 28戦6勝 父 Sebring 母 Mica’s Pride(Bite The Bullet)
 トーセンスターダムやトゥザワールドが遠征した、
 今年のクイーンエリザベスS勝ち馬。
 前走プリンスオブウェールズSではFree Eagleの5着と、
 トップレベルの馬とあたると、若干物足りなさがある。

3.Dick Doughtywylie(ディックダウティワイリー セン7)

 19戦3勝 父 Oasis Dream 母 Sugar Mill(Polar Falcon)
 Golden Hornのラビット(ペースメーカー)。

4.The Grey Gatsby(ザグレイギャッツビー 牡4)

 15戦4勝 父 Mastercraftsman 母 Marie Vision(Entrepreneur)
 昨年はAustralia(オーストラリア)の2着だったものの、
 その次の愛チャンピオンSで、Australiaにリベンジ果たす。
 今年は4戦未勝利でイマイチ乗り切れないものの、
 この中距離戦線のトップレベルの馬。
 前走コーラルエクリプスでは2着。
 
5.Gleneagles(グレンイーグルス 牡3) ⇒ スクラッチ(回避)

 9戦7勝 父 Galileo 母 You’resothrilling(Storm Cat)
 今年の英・愛2000ギニー勝ち馬。今年の目玉。
 廻り廻って英国際Sに出走が決まる。
 ただしマイル以上は走ったことが無い上に、
 鞍上がムーア騎手からジョセフ・オブライエンに乗り変わり。
 といっても9戦中5戦はジョセフが騎乗していますので、
 手が戻ったとも言えます。

6.Golden Horn(ゴールデンホーン 牡3)

 5戦5勝 父 Cape Cross 母 Fleche D’Or(Dubai Desination)
 今年の英ダービー勝ち馬。今年の目玉。
 コーラルエクリプス勝利後、
 次走は英国際Sが第一で、調子が良ければキングジョージ
 表明していたものの、調子自体は良かったが、
 当日の馬場が悪そうだという事で、キングジョージは回避。
 コーラルエクリプスでは、先行策からゴール前突き離すという
 これまでとは違う戦法をとったが、はたして今回は?

7.Time Test(タイムテスト 牡3)

 5戦3勝 父 Dubawi 母 Passage Of Time(Dansili)
 前走はロイヤルアスコットのターセンテナリーS(GⅢ)を圧勝。
 この時の2着馬Peacock(ピーコック)は4月に行われた準重賞のフェイルデンS
 Golden Hornの2着になった馬。その時の差が1・1/2馬身で、
 ターセンテナリーSでのTime Testとの差が3・1/4馬身ですので、
 単純比較するとTime Testは十分Golden Hornに
 太刀打ちできる可能性があるというわけです。
 2敗はいずれも7F戦でのもの。

8.Arabian Queen(アラビアンクイーン 牝3)

 10戦3勝 父 Dubawi 母 Barasiba(Barathea)
 紅一点。重賞勝ちはあるものの、今年のコロネーションSで5着など、
 一線級とはやや力差がありそう。

 

英国際S(2015)でGolden HornとGleneaglesが激突!?

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ