イメージ画像

愛チャンピオンS(2015)はGolden Hornが逃げ切り勝利

愛チャンピオンS【Irish Champion Stakes】
(愛・レパーズタウン競馬場・芝10F)

アイルランドで行われる中距離王決定戦。
今年は出走馬全てがGⅠ馬という、今年の欧州中距離路線では
最高のメンバーが揃いました。

詳しくはコチラ

※大方の予想通り、グレンイーグルスはスクラッチ(回避)。

 

レースは、Highland Reel(ハイランドリール)が好スタートを切りハナに立つも、
すかさず内からGolden Horn(ゴールデンホーン)が先頭に出てペースを作る。
直線に入って外からFree Eagle(フリーイーグル)が良い手応えで迫ってくる。
粘るGolden Hornでしたが外に寄れてFree Eagleに体当たり。
Free Eagleは寄れながら立て直すも、すでにGolden Hornがゴール。
内から伸びたFound(ファウンド)が2着。Free Eagleは3着でした。

審議になるも、そのままの着順で確定。

う~ん。Golden Hornの鞍上デットーリ騎手的には寄れるのを
矯正しようとしているので、悪質ではありませんが、
やや後味の悪いレースとなってしまいました。

Golden Hornの次走は、
凱旋門賞か英チャンピオンSが有力。

 

これでGolden Horn(牡3)は7戦6勝。
重賞4勝目。GⅠはコーラルエクリプスに続き3勝目。

Golden Hornの血統等については以前の記事より抜粋。

—————————————————
血統表

Cape Cross(ケープクロス)はGⅠロッキンジS勝ちはあるものの、
目立った成績はあげませんでした。
しかし種牡馬としては凱旋門賞含むGⅠ6勝のSea the Stars(シーザスターズ)や、
日本でもおなじみGⅠ6勝の名牝Quija Board(ウィジャボード)などの父として成功。

牝系にはそれほど多くの活躍馬はいないものの、
伯母にコロネーションS勝ち馬Rebecca Sharp(レベッカシャープ)
遠縁にオーストラリアGⅠ10勝のOctagonal(オクタゴナル)など。
2012年の丹頂Sを勝利したメーヴェは近親に当たります。

 
—————————————————-

 

愛チャンピオンS(2015.9.12)

1.Golden Horn 2.05.41
2.Found 1
3.Free Eagle 1/2 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ