イメージ画像

香港マイル(2016)出走馬紹介と予想

香港マイル(2016)出走馬紹介と予想

香港マイル(2016)の出走馬紹介です。

→ 香港マイル(2016)出馬表
→ 過去5年データ
→ 香港国際競走まとめ

今回は計4レースあって大変なので、
個人的な注目馬以外は少量で。

 
ブックメーカーは欧米馬にオッズが偏る為、
香港競馬の場合、すこし歪みが生じますので、
これまで同様にココでの紹介順を
ブックメーカーのオッズ順にするかどうか迷いましたが、
まぁ、多少の参考にはなるかと思いますので、
継続します。

 
満点=★8つ(個人的見解)

Able Friend エイブルフレンド(港・セン7・57.0kg)

★★★★★★☆☆

昨年3着。一昨年1着。
香港最強マイラーも、もう7歳。
昨年の同レース後、脚部不安で1年の休養。
復帰戦は前哨戦のジョッキークラブマイルではなく、
ジョッキークラブスプリント。
結果、内を伸びての4着でした。
負け方としては、昨年のジョッキークラブマイル(3着)と、
同じような感じですが、やはり休み明けの影響か、
エイブルフレンド特有の伸びみたいなものが感じられず。

それでも香港最強マイラー。
本番でだらしない姿は見せないはず。

 
Satono Aladdin サトノアラジン(日・牡5・57.0kg)

★★★★★★☆☆

昨年は香港カップに出走して11着。
そこからマイル戦線にシフトしての充実ぶりからして、
2000mは距離が長かった可能性も。
マイルCSでは不完全燃焼だったのを、
この舞台で晴らす事が出来るか。

 
Beauty Only ビューティーオンリー(港・セン5・57.0kg)

★★★★★★☆☆

前哨戦のホンコンジョッキーマイル勝ち。
昨年は香港カップに出走して8着。
サトノアラジン同様、そこからマイル中心にシフト。
基本的に後方一気が信条で、
これもサトノアラジンと似ているかも。
春のチャンピオンズマイルではモーリスの4着。
前走ジョッキーマイルと前々走シャティントロフィーの
両方とも好走している馬は、とりあえず買い。
勝ちは無いかもだが、2~3着には入れておきたい。

 
Neorealism ネオリアリズム(日・牡5・57.0kg)

★★★★☆☆☆☆

札幌記念でモーリスを破り、初GⅠ挑戦になったマイルCSでも3着。
今の充実ぶりなら、ココでもとも思いますが、
ビューティーフレイムがビューティーオンリーのアシストの為に、
ガンガンとばす可能性もあって、それについていくと、
さすがに先行勢は厳しくなるかも。
ムーアが、どういった作戦を取るか。

 
Sun Jewellery サンジュエリー(港・セン5・57.0kg)

★★★★☆☆☆☆

前哨戦の香港ジョキークラブマイル3着。
可もなく不可もない優等生と言った感じ。
爆発力は無いが上位には来るみたいな。

押さえには必要かも。

 
Logotype ロゴタイプ(日・牡6・57.0kg)

★★★☆☆☆☆☆

今年の安田記念でモーリス以下を完封。
先行して粘る形は悪くないですが、
展開次第というのが正直。
取り扱いが難しい馬。

ちなみに父ローエングリンは香港マイル(2003)3着。

 
Contentment コンテントメント(港・セン6・57.0kg)

★★★☆☆☆☆☆

昨年5着。
春のチャンピンズマイルで2着など、
この路線の安定勢力ですが、
ロゴタイプと似たようなイメージの馬。
展開次第。

あと気持ち1ハロン長いかも。

 
Helene Paragone ヘレンパラゴン(港・牡5・57.0kg)

★★☆☆☆☆☆☆

昨年の春まではフランスで走っていて、
仏2000ギニー(GⅠ)5着、ジャンプラ賞(GⅠ)2着など、
マイル戦でそれなりに結果を出していました。
香港移籍後も結果を出してますが、今シーズンはやや不調気味。
前々走2着がありますが、切れ味に乏しいだけに、
相当上手く乗る必要がある。

 
Joyful Trinity ジョイフルトリニティ(日・セン4・57.0kg)

★★☆☆☆☆☆☆

3走前のセレブレーションC(GⅢ・芝1400)で、
今回のメンバーを完封。しかし期待されたシャティントロフィー、
ジョッキークラブマイルとイマイチな結果。
一瞬しか良い脚が使えないのかも。
1400と1600のパフォーマンスの違いを見ると、
若干距離が長いのかも。

 
Romantic Touch ロマンティックタッチ(港・セン6・57.0kg)

★★☆☆☆☆☆☆

前哨戦ジョキークラブマイル2着。昨年10着。
可もなく不可もなくで、展開が向けばという所。

 
Beauty Flame ビューティーフレイム(港・セン6・57.0kg)

★★★☆☆☆☆☆

前哨戦ジョッキークラブマイル6着。昨年6着。
チャンピオンズマイル6着と、この路線の常連。
ビューティーオンオリーのペースメーカーというレベルの馬ではないですが、
二個一で悲願のGⅠ取りを狙う。
ですがシブトイ馬ですので、後ろがもたもたしていると、
そのまま残っちゃう可能性も。

 
Giant Tresure ジャイアントトレジャー(港・セン5・57.0kg)

★☆☆☆☆☆☆☆

昨年2着。
そのあとのスチュワーズC(GⅠ)勝利後、スランプ突入。
一息入った今シーズンも復調気配無く。
大幅な良化はどうか。

 
Cougar Mountain クーガーマウンテン(愛・牡5・57.0kg)

★☆☆☆☆☆☆☆

昨年の高レベルメンバーのクイーンアンSでSolow(ソロウ)の3着。
つまりエイブルフレンドに先着した際は、「オ?」と思わせた馬ですが、
それ以降は鳴かず飛ばず。
シャティン適正があれば好走できるかもですが、
積極的には。

 
Packing Pins パッキングピン(港・セン6・57.0kg)

★☆☆☆☆☆☆☆

力不足。

 

★の数からも分かるように混戦。
エイブルフレンドが復調していれば迷わず軸だが・・・。

馬券を考えると、
おそらく4レースの中で1番難解なレースかもです。

届かない可能性もありますが、
ビューティーオンリーとエイブルフレンドから、
日本馬へ流すのがベストか。

 
→ 香港国際競走(2016)まとめ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ