イメージ画像

フロリダダービー、無敗馬対決を制したのはNyquist(ナイクィスト)

フロリダダービー、無敗馬対決を制したのはNyquist(ナイクィスト)

2016.4.2

4月2日アメリカのガルフストリームパーク競馬場で、
ケンタッキーダービーの前哨戦フロリダダービー(ダ9F)が行われました。
過去Unbridled(アンブライドルド)やThunder Gulch(サンダーガルチ)、
Big Brown(ビッグブラウン)などがココを制して本番も勝利。

今年はココまで6戦6勝・昨年の2歳王者Nyquist(ナイクィスト)と、
5戦5勝のMohaymen(モヘイメン)の初対決に注目が集まりました。

レースは好スタートを切ったNyquistがハナ。
Mohaymenは4番手の外を追走し、淡々とした流れ。
3コーナー手前ででMohaymenが競りかけてくるが、
手綱をしごくMohaymenに対してNyquistは持ったまま。
直線に入るとすでにMohaymenの手応えなく後退。
Nyquistは少し外に寄れるシーンもありましたが、
セーフティーリードを保ったまま完勝。
無敗馬対決はNyquistに軍配が上がりました。

 
Nyquist(牡3)はこれで7戦7勝。
重賞6勝目、GⅠは4勝目となりました。

血統表

父Uncle Mo(アンクルモー)はBCジュヴェナイル(2010)の勝ち馬。
3歳時は疾病などもあり、期待ほどの結果が得られず引退。
Nyquistは初年度産駒。
母Seeking Gabrielle(シーキングガブリエル)の半姉Seeking the Sky(シーキングザスカイ)は
米GⅢ勝ち馬で、その仔Sahara Sky(サハラスカイ)はメトロポリタンH勝ち馬。

血統的にはマイル寄りですが、今回の勝ちっぷりを見ると、
2000でも持ちそうな印象を受けました。
ただプラスでは無いと思いますので、
他馬にもつけ入る隙はあるかもです。

 
フロリダダービー(2016.4.2)

1.Nyquist 1.49.11(稍重)
2.Majesto 3・1/4
3.Fellowship 1

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ