イメージ画像

ダンテS(2016)は、Wings of Desire(ウイングスオブデザイア)が差し切り

ダンテS 2016【Dante Stakes】
(英・ヨーク競馬場・GⅢ・芝10.5ハロン・3歳)

英ダービー前哨戦の1つ。
昨年はGolden Horn(ゴールデンホーン)がココを快勝して本番も勝利。
そのダンテS2着だったJack Hobbs(ジャックホッブス)が愛ダービーを制するなど、
近年ダンテSはダービーに向けて最重要ステップレースとなっています。

 
その前に、前日に同条件で行われた英オークス前哨戦であるミュジドラSの結果。

映像

1.So Mi Dar(ソーミダー) 2.09.0.7
2.Fireglow(ファイアグロウ) 4
3.Promising Run(プロミッシング゙ラン) 頭

1着のSo Mi Dar(父Dubawi)はこれで3戦3勝。
母は2010年ドバイSCでブエナビスタを破り勝利したDar Re Mi(ダーレミ)。
勝ち方にまだまだ余裕ありなので、本番でも楽しみ。

 

さてダンテSに戻りますと、
ここまで2戦2勝で前走GⅢ勝ちのMidterm(ミッドターム)に人気が集中。
レース前のダービーオッズで(出走しないと思われる牝馬)Minding(マインディング)に
続いて2番人気に推されています。父Galileoで母がGⅠ6勝の名牝Midday(ミッデイ)。
他には全兄2頭が英GⅡ勝利しているWings of Desire(ウイングスオブデザイア)
すでに重賞実績上げているFoundation(ファンデーション)Deauville(ドーヴィル)
Black Sea(ブラックシー)などが人気。

 
レースは直線で抜け出したDeauvilleを後方待機から外に回した、
Wings of Desireが差し切って勝利。期待されたMidtermは、
勝ち馬の後ろから仕掛けましたが伸びきれず。

 
これでWings of Desireは3戦2勝。
重賞初勝利となりました。

なお調教師のJ.ゴスデンと鞍上のF.デットーリのコンビは、
昨年のGolden Hornに続き連覇。

 

——————————————————————-
Wings of Desire(ウィングスオブデザイア)牡3・英 

父:Pivotal 母:Gull Wings(父 In The Wings)

父Pivotal(ピヴォタル)は英国の名種牡馬。
現役時代はナンソープS勝ちのみも、種牡馬として多くのGⅠ馬を輩出。
母父In The Wingsも、シンスピールなど中長距離路線での活躍馬を多く輩出。
全姉に2013年オークス3着馬のThe Lark(ザラーク)。
全兄に昨年のキングジョージ2着のEagle Top(イーグルトップ)。
伯母Sariska(サリスカ)は英・愛オークス馬。

—————————————————————————-

 
ダンテS(2016.5.12)

⇒ 動画

1.Wings of Desire(ウィングスオブデザイア) 2.07.37(良)
2.Deauville(ドーヴィル)  クビ
3.Foundation(ファンデーション) 1・1/2

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ