イメージ画像

英1000ギニー(2016)、ムーア今度は決めたMinding(マインディング)圧勝

英1000ギニー 2016【English 1000 Guineas】
(英・ニューマーケット競馬場・芝8F・3歳・牝)

英の3歳牝馬1冠目。
桜花賞みたいなもの。

圧倒的1番人気がMinding(マインディング)
昨年10月のフィリーズマイル圧勝以来の出走。
昨日2000ギニーで圧倒的1番人気を背負ったAir Force Blueで期待を裏切った、
A.オブライエン師+ムーア騎手のコンビ。今度こそ。
Ballydoyle(バリードイル)Nathra(ナスラ)が続くも、
いずれも2歳時にMindhingに敗れています。
上位人気ではLumiere(ルミエール)がMindhingと非対戦。

 
レースは好スタートからMindingとLumiereの人気2頭がハナ。
追い出しに入ってMindingが一気に抜け出して後続突き放す。
内からBallydoyle、外からAlice Springs(アリススプリングス)が追いすがるも、
関係なしの圧勝。

 
これでMindingは6戦4勝。
重賞3勝。GⅠ3勝目となりました。

 

——————————————————————-
Minding(マインディング)牝3・愛 

父:Galileo 母:Lillie Langtry(父 Danehill Dancer)

父Galileo(ガリレオ)は欧州の大種牡馬。
母父Danehill Dancerも、Danehillの後継としておなじみの名種牡馬。
母Lillie Langtry(リリーラングトリー)は2010年のコロネーションS勝ち馬。

—————————————————————————-

 
英1000ギニー(2016.5.1)

動画(the jockey clubサイト)

1.Minding(マインディング) 1.36.53(良)
2.Ballydoyle(バリードイル)  3・1/2
3.Alice Springs(アリススプリングス) 1/2

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ