イメージ画像

英オークス(2016)は、Minding(マインディング)が英牝馬2冠達成

英オークス 2016【Investec Oaks】
(英・エプソム競馬場・芝12F・3歳・牝)

元祖オークス。

今年は英1000ギニーを快勝したMinding(マインディング)が圧倒的人気。
前走愛1000ギニーで2着に敗れたとはいえ、メンバー的に負けられない。
他では、出走してくれば人気を分け合ったBallydoyle(バリードイル)の
2着があるTurret Rocks(タレットロックス)や、
トライアル戦2着のArchitecture(アーキテクチャー)など。

 
レースはSomehow(サムハウ)がレースを作る展開。
Mindingは後方待機。直線に入って外に回ったArchitectureが抜け出してくる。
Mindhigは内で包まれる感じで仕掛けが遅れるも、
馬群がばらると一気にAechitectureに並びかけ差し切り勝利。
英牝馬2冠達成。

 
これでMindingは7戦5勝。
重賞4勝。GⅠ4勝目となりました。

 

——————————————————————-
Minding(マインディング)牝3・愛 

父:Galileo 母:Lillie Langtry(父 Danehill Dancer)

父Galileo(ガリレオ)は欧州の大種牡馬。
母父Danehill Dancerも、Danehillの後継としておなじみの名種牡馬。
母Lillie Langtry(リリーラングトリー)は2010年のコロネーションS勝ち馬。

—————————————————————————-

 
英オークス(2016.6.3)

⇒ 映像

1.Minding(マインディング) 2.42.66(稍重)
2.Architecture(アーキテクチャー)  1・3/4
3.Harlequeen(ハーレークイーン) 8

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ