イメージ画像

香港マイル2017 海外馬短評と展望

香港マイル2017 海外馬短評と展望

香港マイル【Hong Kong Mile】
シャティン競馬場 芝1600

日本からはサトノアラジンが出走。

出走予定海外馬は以下の通り。
※性齢の横の数値はレート
※ランクは個人的評価(A~D)

 
Beauty Only ビューティーオンリー(セ6) 119
A.クルーズ(香) 追 
Holy Roman Emperor × Goldendale(Ali-Royal)

昨年の勝ち馬。今シーズンはイマイチな成績も、
前哨戦4着で、少し良化している感じはします。
後方から行く馬なので、詰まったり大外を回ったりして、
どうしても遅れが生じますがスムーズな競馬ができれば、
再度馬券に絡んでもおかしくはありません。

Helen Paragon ヘレンパラゴン(セ5) 119
J.ムーア(香) 差 
Polan × High Zaff(High Chaparral)

昨年4着。前哨戦2着。
この馬もBeauty Only同様に展開利が必要。
ただもう1つ前で競馬ができるので、その分仕掛けやすい。

Contentment コンテントメント(セ7) 118
J.サイズ(香) 先 
Hussonet × Jemison(Commands)

昨年4着。春のチャンピオンズマイル勝ち馬。
大崩れしないのが魅力も勝ち味には乏しい。

Joyful Trinity ジョイフルトリニティ(セ5) 117
D.ムーア(香) 差追 
Zanzibari × Bargouzine(Stravinsky)

昨年3着。今シーズンはまったく見どころなし。

Lightning Spear ライトニングスピア(牡6) 116
D.シモック(英) 差追 
Pivotal × Atlantic Destiny(Royal Academy)

マイル戦では大崩なし。
最後は確実に追い込んでくるも、粘りがないのですが、
平坦なシャティンだと意外と合うかも。

Seasons Bloom シーズンズブルーム(セ5) 115
D.シャム(香) 差 
Captain Sonador × Pyramisa’s Lass(Not A Single Doubt)

前哨戦勝ち馬。
この馬も末脚に懸ける馬ですが、Beauty Onlyよりは器用。
ただ時計が速くなった時に対応できるか微妙。

Horse of Fortune ホースオブフォーチュン(セ7) 114
T.ミラード(香) 先 
Stronghold × Sweet Virginia(Casey Tibbs)

1800巧者。1600でも2000でもイマイチな、
いわゆる非根幹距離が得意な馬。

Karar カラー(セ5) 114
F.グラファール(仏) 逃 
Dynasty × Cosima Liszt(Rich Man’s Gold)

自分のペースで走れればシブトイ。

Beauty Generation ビューティージェネレーション(セ5) 112
J.ムーア(香) 先 
Road To Rock × Stylish Bel(Bel Esprit)

前哨戦3着。
先行してシブトイですが、切れ味に乏しく抜け出すのに苦労。
今回同型も多く、厳しいか。

Sichuan Dar シシュアンダー(セ6) 110
T.ミラード(香) 差追 
Not A Single Doubt × Aporcrypha(Octagonal)

前哨戦5着。力不足。

Western Express ウエスタンエクスプレス(セ5) 110
J.サイズ(香) 差 
Encosta de Lago × Alsatia(Marauding)

前哨戦8着。力不足。

Lancaster Bomber ランカスターボンバー(牡3) 118
A.オブライエン(英) 先差 
War Front × Sun Shower(Indian Ridge)

切れ味がやや乏しいが、力はある。
ただし道悪はからっきし。

Roly Poly ローリーポーリー(牝3) 115
A.オブライエン(英) 逃 
War Front × Misty For Me(Galileo)

今年のサンチャリオットSなどGⅠ3勝。
英愛ギニーではWinterの2着など、今年の欧州3歳牝馬の主役級。
ただいずれも牝馬限定戦のもので、
牡馬相手だと厳しいかな?とも思いますが、
サンチャリオットSで2着だったPersuasiveが、
クイーンエリザベスⅡ世SでRibchesterを破っているので、
相対的に欧州マイル戦線でも上位に挙げることができそうです。

自分のペースで走れるかがカギ。
前走BCマイル(9着)は出遅れ+挟まれて後方待機になり参考外。

 

【展望】

ランク付けでもわかるように、
今年はどの馬にもチャンスあり。

ビューティーオンリーも昨年のような絶対感はなく、
それ以外の馬たちも一長一短で決め手に欠けます。
これは極悪馬場の天皇賞・秋でリズムを崩したサトノアラジンも同じ。

4つのレースで1番難解なレースになりそうですが、
ライトイングスピアからワイドで配当を狙ってみるのも面白い。

▲ライトニンスピア
注ビューティーオンリー
△コンテントメント
×ランカスターボンバー

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ