イメージ画像

ノアイユ賞(2017)、Akihiro(アキヒロ)は僅かに届かず2着

ノアイユ賞 2017【Prix Noailles】
(仏・シャンティイ競馬場・芝2100m)

フランスの3歳重賞(GⅢ)レース。
6月に行われるジョッケクルブ賞(仏ダービー)と同じコース。
フランスのディープインパクト産駒Akihiro(アキヒロ)が、
昨年9月以来の出走となります。
一部報道ではイギリスのフィールデンSに出走予定でしたが、
フランスに留まってココを使ってきました。

ファーブル調教師はデビュー時から高い評価をしていて、
距離は長い方が良いということでマイル戦には見向きもしない意向。

はたして、年明け初戦どのような走りを見せるか注目。

ちなみに、1番のGo Fast(ゴーファースト)の母は、
ダークシャドウの半姉ユノブラッキー(父サンデーサイレンス)です。

 
レースはAkihiroは好スタートも後方に控えるいつもの形。
直線入って追い出しに入ると、
前にいるSoleil Marin(ソレイユマラン)と競り合う形になるも、
最後まで抜かす事が出来ず僅差の2着でした。

勝ったSoleil Marinは5連勝で重賞初勝利。
Akihiroは負けたとはいえ悲観する内容ではなく、
3月にひと叩きしている勝ち馬とは、休み明けの分でしょう。

おそらく目標としている仏ダービーでは上昇してくるはずです。

 

1.Soleil Marin 2.08.34(良)
2.Akihiro
3.Normandy Eagle

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ