イメージ画像

2017年 5月中~末 海外競馬まとめ

2017年 5月中~末 海外競馬まとめ

5月中頃~末にかけての主な海外競馬まとめです。

 
無敗の女王La Cressonniereを吉田照哉氏が購入

昨年の仏2冠牝馬で故障の為8戦無敗のまま引退した、
La Cressonniere(ラクレッソニエール)を、吉田照哉氏が購入しました。

La Cressonniereはタイムだけでいえば、
同舞台の仏2000ギニーや仏ダービーよりも速いタイムでの勝利。
スピード決着も重い馬場でも対応できるその能力が、
子供にも受け継がれると面白い存在になります。

 
プリークネスSはCloud Computingが競り合い制す

20日、アメリカのプムリコ競馬場で米2冠目プリークネスSが行われました。
混戦米クラシック戦線と言われていた中、
ダービーを圧勝したAlways Dreaming(オールウェイズドリーミング)が圧倒的に人気。

レースはダービー馬Always Dreamingと2人気Classic Empire(クラシックエンパイア)が
競り合う形でハイペース。直線に入ると、Always Dreamingが失速。
Classic Empireが抜け出すも、
番手追走したCloud Computing(クラウドコンピューティング)が並びかけ、
ゴール前わずかに抜け出し勝利。

動画

Cloud Computingは父Maclean’s Music、母Quick Temper(父A. P. Indy)。
重賞初勝利がプリークネスSとなりました。
なおダービーには出走していません。

 
島川隆哉氏所有のMac Mahon伊ダービー制覇

21日、イタリアのカパネッレ競馬場でデルビーイタリアーノ(伊ダービー)が行われ、
トーセンの冠名でおなじみ島川隆哉氏所有のMac Mahon(マクマホーン)が、
2着以下に5馬身差をつけて圧勝しました。

動画

Mac Mahonは父Ramonti、母Miss Sultin(父Celtic Swing)。
4戦4勝でのダービー制覇となりました。

島川隆哉氏は、Paiardina(パイアディーナ)という3歳牝馬も購入し、
28日に行われた伊オークスではマイペース逃げも、
ゴール前わずかに差されて2着。

 
Churchillが英愛2000ギニー連覇

27日、アイルランドのカラ競馬場で愛2000ギニーが行われました。
注目は英2000ギニーを制しし6連勝中のChurchill(チャーチル)
ケンタッキーダービーでスタート直後にレースを止めた、
UAEダービー覇者Thunder Snow(サンダースノー)も出走。

レースは2番手から粘るThunder Snowをあっさり交わしたChurchillの完勝。
これで一昨年のGlenegles(グレンイーグルス)以来の英愛2000ギニー連覇。

Churchillは父がGalieo、母Meow(父ストームキャット)。
8戦7勝、重賞6勝(内GⅠ4勝)。
クールモアグループ、A.オブライエン厩舎、主戦R.ムーア、
父ガリレオで母父ストームキャットと、
上記のGlenealesと何から何まで一緒。

Winterが英愛1000ギニー連覇
28日、アイルランドのカラ競馬場で愛1000ギニーが行われました。
注目は英1000ギニーを勝利したWinter(ウインター)

レースは馬群中央外で待機していたWinterが、
直線難なく抜け出して圧勝。
これで2003年Attraction(アトラクション)以来14年ぶりの英愛1000ギニー連覇。

動画

Winterは父がGalieo、母Laddies Poler Two(父Choisir)。
6戦3勝、重賞2勝(いずれもGⅠ)。
2歳終了時点でD.ワチマン厩舎からA.オブライエンン厩舎に転厩。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ