イメージ画像

2017年4月~5月 海外競馬まとめ

2017年4月~5月 海外競馬まとめ

4月中頃~5月中頃にかけての主な海外競馬まとめです。

 
クイーンエリザベスⅡ世カップ(2017)
(シャティン・GⅠ・芝2000m)

4月30日、香港シャティン競馬場で行われたクイーンエリザベス2世カップ。
日本からネオリアリズムが出走し、香港の有力どころ相手に見事勝利。
超スローな流れから早め仕掛けで押し切るJ.モレイラ騎手の腕も光った。
2着に香港のPakistan Star(パキスタンスター)、3着にWerther(ウェザー)が入り、
上位人気での決着となりました。

映像

 
ガネー賞(2017)
(サンクルー・GⅠ・芝2100m)

5月1日、フランスのサンクルー競馬場で
仏古馬GⅠの開幕戦ガネー賞が行われました。

好位ラチ沿いを追走したCloth of Stars(クロスオブスターズ)
直線、間を割って伸びて勝利。
進路取りを手間取ったZarak(ザラク)が、
前が開くと、グングン伸びるも2着。

Cloth of Starsは父Sea The Starsで、
母はStrawberry Fledge(父キングマンボ)。
昨年の英ダービーで9着も、
今年に入って重賞3連勝でGⅠ初制覇。

映像

 
ムーアスブリッジS(2017)
(ネイス・GⅡ・芝10ハロン)

5月1日、アイルランドのネイス競馬場で、
ムーアスブリッジSが行われました。

昨年のカルティエ賞(欧州年度代表馬)の
GⅠ7勝牝馬Minding(マインディング)が、
2017年初戦として注目を集めました。

取り消しが合って4頭立てとなった同レース。
スタート後なにも先手を取らないので、
Mindingが手綱を抑えながらも先頭に。
終始スローなまま隊列変わらず、そのままゴール。
Minding陣営としては調教レースにもならないレベル。

映像

 
英2000ギニーS(2017)
(ニューマーケット・GⅠ・芝直8ハロン)

5月6日、イギリスのニューマーケット競馬場で
英クラシック第1弾2000ギニーSが行われました。

昨年の10月からの休み明けも、
5連勝中ですでにGⅠ2勝のChurchill(チャーチル)が圧倒的人気。
馬群の中で脚を溜めて、ラチに進路を取ると一気に伸びて勝利。
ダービーでも1人気に推されているが、
距離延長するのかマイル路線でいくのか、まだ不明。

Churchillは父Galileo(ガリレオ)で、母がMeow(父ストームキャット)。
母系は短距離での活躍馬が目立つがはたして。

映像

 
ケンタッキーダービー(2017)
(チャーチルダウンズ・GⅠ・ダ10ハロン)

5月6日、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場で、
今年の米クラシック第1弾ケンタッキーダービーが行われました。

今年は主役不在の大混戦。
不良馬場の中State of Honor(ステイトオブオーナー)がハイペースで飛ばす。
番手にAlways Dreaming(オールウェイズドリーミング)
向こう場面で早くもState of Honorが脱落すると、
代わってIrish War Cry(アイリッスウォークライ)
Battle of Midway(バトルオブミッドウェイ)が競りかけてくるも、
Alawys Dreamingはモノともせずに2着以下を突き離して圧勝。
後方の馬達はバテバテ状態となっている中、
悠々とゴールした姿は2冠までは確実と思わせる内容でした。

Always Dreamingは父Bodemeister(ボードマイスター)で、
母はAbove Perfection(父インエクセス)。
前走フロリダダービーに続いて4連勝で3歳頂点に。

映像

 
チャンピオンズマイル(2017)
(シャティン・GⅠ・芝1600m)

5月7日、香港のシャティン競馬場で、
春のマイル王決定戦チャンピオンズマイルが行われました。

1番人気は今年香港史上初の3冠を達成したRapper Dragon(ラッパードラゴン)
昨年末に香港マイルを制したBeauty Only(ビューティーオンリー)が2人気。

いつもより出が悪かったRapper Dragonでしたが、
すぐさま馬群に追いつき後方の内で脚を溜める。
しかし、1コーナーを曲がったところで故障発生。

2番手追走していたContement(コンテメント)が、
直線外から迫るHelen Paragon(ヘレンパラゴン)と、
内から鋭く伸びるBeauty Onlyを退け勝利。

Rapper Dragonは診断の結果予後不良。
その走りっぷりから現香港最強というだけでなく、
稀代の名馬になり得た存在だっただけに、
非常に残念な結果となりました。

映像

 
プール・デッセ・デ・プーラン(2017)
(ドーヴィル・GⅠ・芝直1600m)

今年の仏クラシック第1弾。
混戦気味の中、2歳GⅠ馬Nathional Defense(ナショナルディフェンス)
5戦4勝Brametot(ブラメトゥー)、4戦2勝Orderofthegater(オーダーオブザギャザー)
上位人気。

欧州直線競馬特有の二手に分かれた馬群が残り4ハロンで合流。
内の馬群にいたLe Brivido(ルブリヴィド)と、
外の馬群にいたBrametotの激しい競り合いの末、
わずかにBrametotが出て勝利。

Brametotは父がRajsaman(ラジサマン)、
母はMoming Light(父ローソサイエティ)でドイツの名種牡馬モンズーンの甥。

映像

 
~番外~

欧州のディープインパクト産駒たち

欧州もシーズンインして、
Akihiroをはじめ欧州のディープインパクト産駒も、
結構出走していますので、まとめておきます。

-フランス-

Akihiro(アキヒロ) 4戦2勝
母:Baahama(父アナバー)
馬主:ヴェルテメール兄弟(←シャネルのオーナー)
調教師:A.ファーブル

04.16 ノアイユ賞(GⅢ) 2着
05.08 グレフュール賞(GⅡ) 3着

仏2歳重賞勝ち馬で、3歳クラシック戦線で期待されてはいるものの、
イマイチな成績続きで、仏ダービー戦線で一歩後退。
しかし末脚確実なため、嵌れば汚名返上も。

-イギリス-

Impact Point(インパクトポイント) 1戦0勝
母:Rumba Boogie(父レインボークエスト)
馬主:カタールレーシング
調教師:A.バルディング

04.08 未勝利(AW8ハロン) 2着

出遅れながらも2着争い制す。

Lethal Impact(リーサルインパクト) 2戦0勝
母:Musical Way(父ゴールドアウェイ)
馬主:カタールレーシング
調教師:D.シムコック

04.22 未勝利(芝11ハロン) 6着

ミッキークイーンの全弟ですが、なかなか厳しい。

Fierce Impact(フィアスインパクト) 2戦1勝
母:ケイアイガーベラ(父スマーティージョーンズ)
馬主:カタールレーシング
調教師:D.シムコック

04.28 クラシックトライアル(芝10ハロン) 5着

現在ディープ産駒唯一のイギリス競馬勝ち馬。
ここを勝てばダービーもという所でしたが見せ場なし。

Love Conquers(ラブコンカース) 1戦0勝
母:ラブアンドバブルス(父ルーソヴァージュ)
馬主:カタールレーシング
調教師:R.バケット

04.28 未勝利(芝10ハロン) 9着

ディープブリランテの全妹。かなり厳しい。

New World Power(ニューワールドパワー) 4戦0勝
母:リッスン(父サドラーズウェルズ)
馬主:カタールレーシング
調教師:D.シムコック

05.06 ハンデ戦(芝14.5ハロン) 5着

4歳。タッチングスピーチの全弟。
3歳時に2着3着4着と来て、明け4歳でどうなるかと思いきや、
さらに着順下げるという。
直線それなりに伸びてはいるので、距離短縮であらためて。

-アイルランド-

Pavlenko(パブレンコ) 2戦0勝
母:Maybe(父ガリレオ)
馬主:クールモア
調教師:A.オブライエン

05.07 未勝利(芝8ハロン) 3着

良血馬ですが、2歳デビュー時は全く競馬にならず。
年明けて3歳初戦は後方から大外伸びての競馬で、
決して悪くはなく、展開と相手次第では。

Wisconsin(ウィスコンシン) 1戦0勝
母:Peeping Fawn(父デインヒル)
馬主:クールモア
調教師:A.オブライエン

05.13 未勝利(芝10ハロン) 2着

母Peeping Fawn(ピーピングフォーン)はGⅠ4勝の名牝。
母系も活躍馬多数で超良血馬。
ディープ産駒が失速しやすい番手からの追走で、
勝ち馬に差をつけられたものの最後まで粘っての競馬。
一定の力がある所は見せたデビュー戦。
Peeping Fawnもデビュー戦大敗し4戦目で初勝利。
そこからGⅠ戦線で大活躍しただけに、
Wisconsinもコレから、さらに伸びる可能性あり。
楽しみな存在です。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ