イメージ画像

ディープインパクト産駒September、デビュー戦楽勝!!

ディープインパクト産駒September、デビュー戦楽勝!!

8日、アイルランドのレパーズタウン競馬場で
2歳未勝利戦(牝限定・芝7F)が行われました。
ディープインパクト産駒September(セプテンバー)がデビュー。
先月、ディープ産駒としてはアイルランド初勝利を挙げたWisconsin(牡3・ウィスコンシン)の全妹にあたります。
母ピーピングフォーンは、3歳4月デビューから同年8月の引退までの
わずか4ヶ月で10戦5勝GⅠ4勝をあげた名牝。

欧州に渡ったディープインパクト産駒はわりと遅めのデビューが多く、
英愛で、この時期にデビューでたのは初めて。

同レースには英愛2000ギニーを制覇したGleneagles(グレンイーグルス)の全妹や、
既走馬がいましたが、Septemberも上位人気(一時は1番人気)。

スタートを五分に出ると、
中団のラチ沿いで脚を溜める。直線に向くと外に持ち出し、
一気に前を行く馬を交わし、後続を突き離しての楽勝。
鞍上のヘファーナン騎手も、「良いエンジンを持っている」と褒めています。

後方一気でもなく、ある程度前目で競馬が運べてこの脚が使えるなら、
この先も有望です。父・母を考えても距離伸びてダメとは思えないので、
順調に育てば、来年が早くも楽しみです。

なおレース後、A.オブライエン調教師は次走について、
ロイヤルアスコット開催のアルバニーS(22日・GⅢ・2牝・芝6F)か、
チェシャムS(24日・準重・2牡牝・芝7F)を予定しているとの事。

 
→ 映像(At The Races)

1.September 1.32.18(重)
2.Himmah 5 1/2
3.Its My Tum 1 1/2

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ