イメージ画像

ロイヤルアスコット2017 1日目

ロイヤルアスコット2017 1日目

アスコット競馬場で行われる伝統的な競馬の祭典、
ロイヤルアスコット(2017)1日目の主なレースです。

 
クイーンアンS
【Queen Anne Stakes】(GⅠ・芝直8ハロン・4歳以上)

<展望>
3歳からマイル路線で活躍中し、4歳になってもドバイターフ3着、
ロッキンジS勝ちと安定感を増すRibchester(リブチェスター・牡4)が、
圧倒的1番人気。現在の欧州マイル路線はめぼしい馬がおらず、
以下は混戦となっています。
年齢を重ねるごとに力をつけてきたLightning Spear(ライトニンススピア・牡6)や
大崩れのないMutakayyef(ムカタイエフ・セン6)等がどこまで迫れるか。

<結果>

→ 映像(Racing UK ゴール前)

1.Ribchester(リブチェスター)
2.Mutakayyef(ムカタイエフ)
3.Deauville(ドーヴィル)

ペースメーカーが飛ばしに飛ばして、
2番手グループ先頭を走っていたRibchesterが、
左へ右へ寄れながらも押し切り勝利。

ドバイターフでヴィヴロスがちぎった馬達のワン・ツー・スリーでした。

 
キングズスタンドS
【King’s Stand Stakes】(GⅠ・芝直5ハロン・4歳以上)

<展望>
本命不在でマイル戦以上に大混戦。
昨年のアベイドロンシャン賞勝ちMarsha(マーシャ・牝4)、
昨年のモルニ賞勝ちLady Aurelia(レディーオーレリア・牝3)、
一昨年のアベイドロンシャン賞勝ちGoldream(ゴールドリーム・セン8)と、
奇しくも過去に仏GⅠ勝ちの馬達が人気。

<結果>

→ 映像(Racing UK ゴール前)

1.Lady Aurelia(レディオーレリア)
2.Profitable(プロフィッタブル)
3.Marsha(マーシャ)

Lady Aureliaがほぼムチ使わずに楽勝。
昨年のロイヤルアスコット2歳5ハロン戦で圧勝しましたが、
古馬相手でも圧勝。この距離は滅茶苦茶強い。

Lady Aurelia 5-0-1-0
W.A.ワード厩舎(米) 父Scat Daddy 母D’Wildcat Speed(Forest wildcat)

 
セントジェームズパレスS
【St James’s Palace Stakes】(GⅠ・芝8ハロン・3歳)

<展望>

今年の英愛2000ギニー馬Churchill(チャーチル・牡3)の相手探し。
英2000ギニー2着のBarney Roy(バーニーロイ・牡3)が相手筆頭も
UAEダービー馬Thunder Snow(サンダースノー・牡3)が
Churchillと3度目の対戦でリベンジ果たすか。

<結果>

→ 映像(Racing UK ゴール前)

1.Barney Roy(バーニ^ロイ)
2.Lancaster Bomber(ランカスターボンバー)
3.Thunder Snow(サンダースノー)

圧倒的1番人気のChurchillを上手くふたする形で、
外からBarney Royが伸びて、粘るLancaster Bomberを交わして勝利。
Churchillは、いつもの伸びが無く4着。

Barney Roy 3-1-0-0
R.ハノン厩舎(英) 父Excelebration 母Alina(Galileo)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ