イメージ画像

仏ダービー(2017)はBrametotが仏2冠達成!!

ジョッケ・クルブ賞 2017
【Prix du Jockey Club】
(仏・シャンティイ競馬場・芝2100m)

4日、フランスのシャンティイ競馬場で
3歳の頂点を決めるジョッケ・クルブ賞(通称・仏ダービー)が開催されました。

前走プール・デッセ・デ・プーラン(仏2000ギニー)含めて3連勝中の、
Brametot(ブラムト、C.デムーロ)が、やや抜けた人気。
グレフュール賞を快勝したRecoletos(レコルトス、O.ペリエ)が2番人気。
以下、混戦と言った感じ。

ちなみにココを目指していたはずのディープインパクト産駒Akhiroは、
回避してパリ大賞典の前哨戦オカール賞(18日)に出走予定。
→回避しました。(6/15追記)

レースはBrametotが痛恨の出遅れで最後方。
Taj Mahal(タージマハル、D.オブライエン)が引っ張る形も淡々としたペース。
直線に入って外からRecoletosが先頭に立とうとするも、
さらに外からWaldgeist(ウォルドガイスト、P.ブドー)が差してくるも、
さらに外から最後方から突っ込んできたBrametotが、
ゴール前で計ったように抜け出して勝利。
Lope de Vega(ロペデベガ)以来、7年ぶりの仏2冠達成となりました。

 

これでBrametot(牡3、J.ルジェ厩舎)は7戦6勝。

重賞3勝・GⅠ2勝目となりました。

—————————————————————
Brametot(ブラムト)牡3・仏 

父:Rajsaman 母:Morning Light(Law Society)

父Rajsaman(ラジサマン)はミュゲ賞などマイル戦線で活躍した馬。
母Morning Lightの半兄はドイツの名種牡馬Monsun(モンズーン)。

近親にカドラン賞(2012)勝ち馬Molly Malone(モリーマローン)や、
遠縁にエイシンフラッシュなど。

——————————————————————–

 
ジョッケ・クルブ賞(2017.06.04)

→ 映像(Youtube)

1.Brametot(ブラムト) 2.06.51(稍重)
2.Waldgeist(ウォフドガイスト) 短頭
3.Recoletos(レコルトス) 1

 

 

関連記事

“仏ダービー(2017)はBrametotが仏2冠達成!!” への3件のフィードバック

  1. ディープ好き より:

    アキヒロ気になっています。
    オカール賞は仏ダービー前哨戦ではないのですか?

    • k-wind より:

      > ディープ好き さん

      オカール賞は昨年までは仏ダービーのステップレースでしたが、
      今年からパリ大賞典の前哨戦に変わって、
      2200mから2400mに延長されたようです。

      陣営としては、より凱旋門賞を意識したローテにしているのかもです。

  2. ディープ好き より:

    ありがとうございました。
    凱旋門賞に出走できるようないい結果になりますように。
    日仏ディープ産駒の凱旋門賞での対決を夢見ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ