イメージ画像

英ダービー(2017)は、Wings of Eaglesが金星

英ダービー 2017
【Derby Stakes】
(英・エプソム競馬場・芝12ハロン)

3日、イギリスのエプソム競馬場で
第238回ダービーステークスが開催されました。

今年は英・愛2000ギニーを連覇したChurchill(チャーチル)は回避。
これといった中心メンバーがいないものの、
2戦2勝のフランケル産駒Cracksman(クラックスマン、F.デットーリ)と、
同じく連勝中のCliffs Of Moher(クリフスオブモーハー、R.ムーア)、
重賞勝ちのフランケル産駒Eminent(エミネント、J.クラウリー)が
人気を分け合う形。

 

レースは前走GⅢ勝ちのDouglas Macarthur(ダグラスマッカーサー、C.オドノヒュー)が
果敢に逃げて、2番手にThe Anvil(ザアンヴィル、A.オブライエン)の2頭が離す形。
直線に入って外からCracksmanが先に仕掛けて、
逃げ粘るDouglas Macarthurを捉えにかかる。
Cracksmanが先頭に立とうかという所で、
ワンテンポ遅らして仕掛けたCliffs OF Moherが交わして先頭に立つも、
さらに外からWings Of Eagles(ウイングスオブイーグルス、P.ベギー)が、
強烈な伸び脚で前を行く馬を交わして勝利。

エプソム競馬場は直線緩やかな下り坂から、
ゴール前で急な登り坂になっているのですが、
Wings Of Eaglesは、そこでの伸びが尋常でなかったです。

人気薄が勝ったとはいえ、ゴール前は見応えのある攻防でした。

これでWings Of Eagles(牡3、A.オブライエン厩舎)は6戦2勝。

重賞・GⅠ初勝利となりました。

—————————————————————
Wings Of Eagles(ウイングスオブイーグルス)牡3・愛 

父:Pour Moi 母:Ysoldina(Kendor)

父Pour Moi(プールモア)はフランス調教馬ながら、
英ダービー(2011)を制した馬。これで父子制覇となりました。

伯母にウォートベリー。従兄弟にユニコーンS(2012)勝ち馬ストローハット。

——————————————————————–

 
英ダービー(2017.06.03)

→ 映像(Youtube、すぐ消えるかも)

1.Wings Of Eagles(ウイングスオブイーグルス) 2.33.02(良)
2.Cliffs Of Moher(クリフスオブモーハー)3/4
3.Cracksman(クラックスマン)クビ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ