イメージ画像

GⅠ7勝馬Minding(マインディング)引退

2016年カルティエ賞馬Minding引退

2017.7.13

2英牝馬2冠を含むGⅠ7勝し、
2016年度欧州代表馬に輝いたMindhing(マインディング)が引退しました。

2017年の初戦を快勝後、
しばらく休養に入るとアナウンスされるも、
その症状について詳細は語られていませんでしたが、
どうも長引きそうなニュアンスだったものの、
13日、そのまま引退するとの報道が流れました。

 

父Galileo 母Lillie Langtry(父Danehill Dancer)
馬主:クールモア 調教師:A.オブライエン

デビューは2015年6月11日の芝7ハロン戦を2着。
2戦目で楽勝し、9月のモイグレアスタッドSでGⅠ・重賞初勝利。
続くフィリーズマイルも楽勝し最優秀2歳牝馬に選ばれる。

年が明けて初戦は英1000ギニー
つど3度目のBallydoyle(バリードイル)との戦いを制しGⅠ3勝目。
愛1000ギニーはJet Setting(ジェットセッティング)に頭差敗れ、
惜しくも英愛1000ギニー制覇ならずも、
英オークスを快勝し英牝馬2冠達成。
プリポリティーSナッソーSで古馬牝馬を粉砕。
初の混合GⅠ愛チャンピオンSではAlmanzorとFoundに
遅れを取っての3着。初めて連対を外すことになるも、
続くクイーンエリザベスⅡ世SでRibchesterなどを破り、
GⅠ7勝目をあげることになりました。

 
今後は今のところ不明ですが、
クールモアは全姉のKissed by Angels(キスドバイエンジェルズ)を、
ディープインパクトをつけるために日本へ預託しているので、
もしその子供が成功するようなら、
Mindingも日本に持ってくる可能性もありそうです。

Mindingの血統構成だと欧州でつけれる種牡馬も限られるし、
ディープインパクトの年齢から言っても、
早めに来るかもしれませんね。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ