イメージ画像

ガネー賞(2018)はCracksman(クラックスマン)が楽勝

ガネー賞 2018
【Prix Ganay】
(仏・パリロンシャン競馬場・芝2100m)

フランスの平地GⅠ開幕戦。

昨年の英チャンピオンSを圧勝したCracksman(クラックスマン)が、
圧倒的1番人気で出走。
昨年度覇者で、凱旋門賞2着のCloth Of Stars(クロスオブスターズ)が2番人気で、
CracksmanとしてはEnable(エネイブル)との比較するのに、
絶好の相手となりました。

 

レースはCloth Of StarsのペースメーカーWeren’s Day(ウェレンズデイ)がハナ。
2番手にCracksman、中団内にムーア騎乗のオペラ賞馬Rhododendron(ロードデンドロン)
その後ろにCloth Of Starsとなりました。

隊列変わらないまま直線に入ると、粘るWeren’s Dayを楽々交わし、
後続を突き放してCracksmanが勝利。
Cloth Of Starsは位置取り悪く追い上げるも、
自身のペースメーカーすら交わせず3着でした。

パフォーマンスは英チャンピオンSほどの圧倒感はなかったものの、
今年初戦としては十分すぎるほどの強さを見せました。

これでCracksman(牡4)は8戦6勝。
重賞4勝・GⅠ2勝目となりました。

 
そしてこの馬に関して注目されるのが、鞍上のF.デットリー騎手。
彼にはもう1頭素晴らしい競走馬が今年も控えています。
前述したGⅠ5勝馬Enableですね。
今年初戦としてタタソールズGC(5/27)か
コロネーションC(6/1)を予定していますが、
Cracksman同様にあの強さを維持したままだと、
いずれどちらかを選ばなければいけない日がきます。

両馬ともJ.ゴスデン厩舎。
Cracksmanの馬主はA.オッペンハイマー。
Enableは大馬主K.アブドゥッラ。
どちらも厩舎と縁の強いオーナーだけに、
どちらを優先するか非常に難しい選択となります。

—————————————————————
Cracksman(クラックスマン) 
性齢:牡4 師:J.ゴスデン
主:A.オッペンハイマー
父:Frankel 母:Rhadegunda(Pivotal)

曾祖母にサセックスS、英1000ギニーを勝利したOn The House(オンザハウス)。
遠縁に同じチームで2015年を席巻したGolden Horn(ゴールデンホーンン)。

——————————————————————–

 
ガネー賞(2018.4.29)

1.Cracksman(クラックスマン) 2.09.44(良)
2.Wren’s Day(ウェレンズデイ)4
3.Cloth Of Stars(クロスオブスターズ) 4 3/4

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ