イメージ画像

2018 欧州クラシックトライアル・1

2018 欧州クラシックトライアル・1
2018.4.14

Saxon Warriorが出走予定の英2000ギニー、
Septemberが出走予定の英1000ギニー。

2つのレースの前哨戦の1つであるギニートライアルが
アイルランドのレパーズタウン競馬場行われました。
といっても英ギニーのトライアルではなく、
正確には愛ギニーのトアライルレース。

2000ギニートライアルを制したのはGustav Klimt(グスタフクリムト)
4頭立ての後方追走から直線で先に抜け出したImaging(イマジン)
ゴール前でかわして勝利。
7月以来のレースでしたが、お構いなしの完勝劇。
厩舎はA.オブライエン。鞍上はR.ムーア。
カリレオ×デインヒルで馬主はクールモアで黄金パターン。
全兄はセントジェームズパレスSでDawn Approachの3着があるMars(マーズ)。
英2000ギニーの前売りオッズを2番人気まで押し上げました。
ちなみに、このレースに英2000ギニー上位人気だった、
US Navy Flag(ユーエスネイビーフラッグ)も出走していましたが、
直線伸びあぐね離れた最下位となりオッズも急降下。

映像

 
1000ギニートライアルを制したのはWho’s Steph(フーズステフ)
このレースには特に目立った馬は出走しておらず混戦でした。
ハナを奪いマイペースに持ち込み逃げ切り勝利。
展開ド嵌りした感はあるが。

映像

 
ついでに、ギニーよりもダービーへのトライアル戦である、
バリーサックスSも行われました。
レーシングポストT3着のThe Pentagon(ザペンタゴン)
ロイヤルロッジSでローリングライオンと接戦を演じ2着だったNelson(ネルソン)
ベレスフォードSでサクソンウォリアーの2着があるDelano Roosevelt(デラノルーズベルト)と、
4頭立てですが好メンバーでしたが、
ハナを奪ったNelsonがそのまま逃げ切り勝利。
Delano Rooseveltは良く追い込んだが、
The Pentagonは伸びず。

映像

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ