イメージ画像

プリークネスS(2018)をJustify(ジャスティファイ)無敗で2冠達成

プリークネスS 2018
【Preakness Stakes】
(米・ピムリコ競馬場・GⅠ・ダ1900m・3歳)

米3冠2レース目。

出走馬オッズ見てもわかるように、
ダービー馬Justify(ジャスティファイ)が1頭抜けていて、
それにダービー2着馬のGood Magic(グッドマジック)
どれだけ迫り勝つことができるか、というメンバー構成。

たぶん2冠は固いんじゃないかな、と予想。

ダービーに続き不良馬場(+霧)で行われたレースは、
予想通りJustifyGood Magicのマッチレースの様相。
2頭が先頭で競り合いながらレースを運び直線。
先にバテたのがGood Magic。先頭に立ったJustify
やや勢いがそがれたところで後続が差してくるも、
押し切っての勝利。無敗のまま2冠を達成しました。

ただ、疲労度と距離を考えるとベルモントSはどうだろうか。

 

これでJustifyは5戦5勝。
重賞3勝目(GⅠ3勝)となりました。

—————————————————————
Justify(ジャスティファイ) 
性齢:牡3 師:B.バファート 騎:M.スミス
主:ウインスターファーム
父:Scat Daddy 母:Stage Magic(Ghostzapper)

——————————————————————–

 
プリークネスS(2018.05.19)

1.Justify 1.55.93(不良)
2.Bravazo 1 1/2
3.Tenifold クビ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ