イメージ画像

英1000ギニー(2018)は伏兵Billesdon Brook(ビルスダンブルック)が勝利

英1000ギニー 2018
【1000 Guineas Stakes】
(英・ニューマーケット競馬場・3歳牝・芝直1600m)

英牝クラシック第1弾。

昨日ディープインパクト産駒のサクソンウォリアーが快挙したように、
同じくディープインパクト産駒で今年の牝馬クラシックの主役の1頭、
September(セプテンバー)が出走予定でしたが、週初めに回避。
予定していたオークス路線重視に切り替えた可能性あり。

人気は昨年の2歳牝馬年度代表馬で、
2015年の英愛2000ギニー勝ち馬Gleneagles(グレンイーグルス)の全妹、
Happily(ハッピリー)がやや抜けた人気。
昨年のBCジュヴェナイルフィリーズターフ14着以来の出走。

以下、前哨戦ネルグウィンS勝ちのSoliloquy(ソリロキー)
愛1000ギニートライアル3着I Can Fly(アイキャンフライ)
昨年のフィリーズマイルでセプテンバーの猛追を凌いだLaurens(ローレンス)
マルセルブサック賞勝ちWild Illusion(ワイルドイルージョン)などが、
競った上位人気。

 

レースは好スタート切ったLaurensがハナを切りペース作る。
その後ろにHappily。レース終盤、各馬が仕掛けると、
内からBillesdon Brook(ビルスダンブルック)が一気に抜け出し、
Laurensもよく粘るが離されて勝利。
全く人気が無く、大金星となった。

これで10戦4勝。重賞2勝目(GⅠ初制覇)となりました。

—————————————————————
Billesdon Brook(ビルスダンブルック) 
性齢:牝3 師:R.ハノン 騎:S.リーヴィー
主:ポールモールパートナーズ
父:Champs Elysees 母:Coplow(Manduro)

父Champs Elysees(シャンゼリゼ)はカナディアン国際SなどGⅠ3勝。
名種牡馬Dansiliの全弟。種牡馬としては長距離線で活躍した
Trip To Paris(トリップトゥパリス)など。

——————————————————————–

 
英1000ギニー(2018.05.06)

1.Billesdon Brook(ビルスダンスブルック) 1.36.62(良)
2.Laurens(ローレンス)1 3/4
3.Happily(ハッピリ) 1/2

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ