イメージ画像

2018 欧州クラシックトライアル・4

2018 欧州クラシックトライアル・4
2018.05.09~13

英ダービー、英オークス前哨戦。

9日、チェスター競馬場芝2000のチェシャオークス(LS)。
昨年エネイブルが勝利しオークス戦線に打って出た準重賞。
R.ムーア騎手鞍上Magic Wand(マジックワンド)が人気も混戦。
レースは押してハナ主張したMagic Wand(マジックワンド)が、
直線も後続寄せ付けず快勝。
Magic WandはA.オブライエン厩舎のガリレオ産駒。
3戦2勝重賞初勝利となりました。
2着もオブライエン厩舎のForever Together(フォーエバートゥギャザー)

映像

 
9日、チェスター競馬場芝2500のチェスターヴァースS(GⅢ)。
一昨年US Army Rangerがココを勝ってダービー2着。
2013年Ruler of the Worldがダービーを連勝。
前走GⅢ3着でR.ムーア騎手鞍上のHunting Horn(ハンティングホーン)
同レース2着のIspolini(アイスポリニ)
未勝利戦圧勝したYoung Rascal(ヤングラスカル)の三つ巴。
レースは中団ラチ沿いで脚貯めたYoung Rascalが直線外に持ち出し、
捲ってきたDee Ex Bee(ディーエクスビー)と差し比べを制し勝利。
着差以上に強い内容でした。
Young RascalはW.ハガス厩舎のアンテロ産駒。
3戦2勝で重賞初制覇となった。

映像

 
10日、チェスター競馬場芝2100のディーS(LS)。
昨年Cliffs of Moherがココを勝ってダービー2着。
愛ダービー2着のKingfisher、BCターフ勝ち馬Magicianなど、
近年活躍馬が良く出ているレース。
ナショナルS3着でR.ムーア騎手鞍上のRostropovich(ロストロポーヴィチ)が中心も混戦。
レースは後方ラチ沿いで脚を貯めたRostropovichが直線うまく内をすくって勝利。
RostropovichはA.オブライエン厩舎のフランケル産駒。
7戦3勝(重賞1勝)となった。

映像

 
12日、カラ競馬場芝2000のブルーウィンドS(GⅢ)。
牝馬3歳以上レースで古馬混合戦。
デビュー戦6馬身差の圧勝だったJaega(ジャガー)
A.オブライエン厩舎のBye Bye Baby(バイバイベイビー)の3歳2騎が人気。
レースはハナを切ったBye Bye Babyが直線も後続寄せ付けず勝利。
Bye Bye BabyはA.オブライエン厩舎のガリレオ産駒。
8戦3勝、重賞初勝利となった。

映像

 
13日、レパーズタウン競馬場芝2000の愛ダービートライアルS(GⅢ)。
A.オブライエン厩舎のサクソンウォリアーを除いた、
ダービー路線エース格の3頭The Pentagon(ザペンタゴン)
Nelson(ネルソン)Delano Roosevelt(デラノルーズベルト)が揃って出走。
レースはNelsonがハナ。The Pengagonは番手外。
Delano Rooseveltは出遅れ後方。
一団のまま直線へ。中団で構えていたHazapour(ハザプア)
外からジリジリ伸びて勝利。後方から追い込んだDelano Rooseveltが2着。
番手から一旦は先頭に立とうとしたPentagonは伸びイマイチで3着。
逃げたNelsonは直線失速し6着に敗れる。
エース格3頭で必勝を喫したA.オブライエンの思惑を打ち破ったHazapourは、
D.ウェルド厩舎のシャマルダル産駒。母は2016年英愛ダービー馬Harzandの半姉。
4戦2勝、重賞初勝利となった。

映像

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ