イメージ画像

『WP8 2015』 テスコボーイ系の確立について

テスコボーイ系の確立について

今作(2015版)は前作まで楽にできていたテスコボーイ系の確立が
難しくなっている印象です。

テスコボーイ系の確立には初期で入手できるハギノカムイオー
サクラユタカオーの活躍が必須なのですが、
今作はこの2頭だけが頑張っても、確立するのが結構難しい。

※ゲーム開始時にハギノカムイオーを買うには金のお守りが必要です。

 
1985年末にテスコボーイは種牡馬を引退するので、
確立するには、それまでにテスコボーイの評価額を上げていく必要があるのですが、
ハギノカムイオーが皐月賞や天皇賞・宝塚記念を勝利し、
サクラユタカオーが朝日杯FSや皐月賞・NHKマイルを勝利しても、
確立しない確率が高い印象。
そもそもハギノカムイオーやサクラユタカオーが
そこまで活躍できる保証もありません。
ハギノカムイオーは前作より強くなっています(金のお守りになっています)が。

しかし、今作は馬エディット機能が追加されています。
エディットに抵抗が無ければ、ここでテスコボーイ産駒を
早めにGⅠを勝てる競走馬に編集します。

とはいえ、1985年末までに出走できて、
なおかつ所有できる実在馬は上記2頭に加え下記3頭。

1981年度産:セッテジュノー
1982年度産:スイートラブドウカンテスコ

3頭共決して弱くは無いのですが、
GⅠを勝てる馬ではありません。

この3頭に加え、できればハギノカムイオーとサクラユタカオーも編集して、
どんどんGⅠ勝ち星を増やすと、テスコボーイの評価も上がります。

実際に確立した際の目安は、
1985年開始時点の種付価格が2000万以上であれば、
ほぼ確実に確立できるかと思います。


 

トウショウボーイ系の確立を狙うなら、
テスコボーイの系統確立はある方が有利ですので、
どうしてもテスコボーイの系統確立が出来ない場合、
上記のように試してみてください。

 
ウイニングポスト8 トップ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ