イメージ画像

『WP 8 2016』 クラブ設立

クラブ設立

ウイニングポスト7』で人気だったクラブの設立が『2016』で復活。

所有競走馬頭数制限のため、泣く泣く生産馬を売っていたのが、
クラブ所有という形で、その成長を見守る事が出来ます。
さらに、『7』よりもクラブの設定や表示項目が増えて、
楽しみが増しました。

<設立条件>

1.名声1000以上
2.資金が潤沢(設立に5億必要)
3.1歳幼駒5頭以上かつ当歳幼駒10頭以上、繁殖牝馬10頭以上
4.上記の状態を満たしたうえで上半期のGⅠに勝利すると翌月に鳳カンナが訪問

クラブ設立への選択肢。しない場合は、数年後再び選択。

5.”4″の翌月に選択したクラブ代表が訪問
6.12月1週にクラブ設立

※繁殖牝馬は10頭必要なため厩舎レベルは2以上必須
※所有幼駒は自家生産でなくてもOK
※上記条件は確定ではありません

 
クラブの流れ

①入厩

 

 年末入厩処理を自分で行うと自己所有・売却のほかに、
 クラブ入厩の選択も出てきます。
 クラブに入厩する場合、クラブに所有馬を売却という形の為、
 クラブにある資金までが上限。

 <注意点>
 ・馬名は自分で決めれますが、入厩先は自動(入厩先はクラブ評価により変動)。
 ・分場生産・育成馬はデフォルトでクラブ入厩に設定されているので注意。

②指示書の確認

 

 前年に獲得した指示書の確認。
 指示書は一覧の項目をクラブ馬が達成した場合又は、
 GⅠ勝利した際に獲得できます。

 この各指示書はクラブ馬の能力底上げに使います。

③募集額の設定

 

 ・クラブ馬の募集額の決定

 上限は10億。
 下限は評価額の80%以下にならない額まで。
 

 1頭あたり募集口数は500口。
 5000万円の募集額の場合、1口当たり10万円となります。

 馬の能力に対して高くつけすぎると、
 万口にならないので注意。

 ”一括UP”と”一括DOWN”で、
 募集額を全馬同時に上げる事が出来ます。

 
 ・指示書

 指示書を使うクラブ馬を決めます。
 ※必ず使う必要はありません。

④宣伝費の設定

 

 クラブの宣伝費を設定します。

 基本的に重賞を勝たないと会員数は殆ど増えないので、
 あまり意味は無いかも。

 
クラブメニュー

クラブ情報・・・クラブの詳細
リーディング・・・クラブ同士のリーディング成績
知人・・・クラブに入会した知人
人気募集馬・・・各世代で万口になった順番上位10頭
募集馬・・・募集馬の売れ行き状況
競走馬・・・クラブ馬の状態等

 
クラブ情報

クラブの詳細が見れます。

総合評価・・・E~S 評価が上がると優秀な調教師に入厩させやすくなります。
会員数・・・レースに勝利すると増加。負けると減少。クラスによって増減幅は大。
通算成績・・・クラブの通算成績。
本年評価・・・当年の成績。
売れ行き・・・万口の募集馬数。 ※毎年クラブ馬が10頭以上必要。
価格設定・・・回収率成績。

 

知人

会員の数によって知人が入会。
それぞれ一口購入する馬に好みがあります。

結城江奈:初期 芦毛・白毛馬
鳴尾草平:10000 低価格馬
坂越あずさ:20000 指示書使用馬
井坂脩三郎:30000 父が注目されていない馬
アリスリード:40000 米国産
エマトラド:50000 欧州産
如月英里子:60000 マイ牝系馬
有馬桜子:70000 高能力馬

購入馬の成績に比例して、知人のコメントが変化。
↑結構面白い。

※1世代1頭、4頭まで
※上記知人がクラブ代表を務めると加入しない

 

以下、随時更新。

 
ウイニングポスト8 トップ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ