イメージ画像

『WP 8 2016』 84年末でテスコボーイ系の確立について

84年で引退する場合のテスコボーイ系確立

さて、毎作話題に上がるテスコボーイ系の確立について今作も。

何かと便利なテスコボーイ系の確立ですが、
今作でもプレイした結果、これまで同様にハギノカムイオー
ミスターシービーサクラユタカオーなどテスコボーイの子孫を、
活躍させれば、それほど難しくはありません。

ただし、前作までにもあったように、
殆どの場合テスコボーイは85~86年で種牡馬引退するのが、
84年で突如引退する事がたまにあります。

84年で引退する条件が、いまいち分かりませんが、
今作でもそれが起こったので、その場合の系統確立を記しておきます。

1.ハギノカムイオーとミスターシービーを編集し能力上げ
 ⇒初期値のままだと系統確立はかなり難しいかと思われます。

2.スペシャル種牡馬ランドプリンス導入
 ⇒微々たる影響ですが少しでも成功確率を上げる為。

3.ハギノカムイオーを大活躍させる
 ⇒引退時の種牡馬価格1500万になるように(目安GⅠ8勝)

4.ハギノカムイオー、ミスターシービーを83年末で引退
 ⇒ハギノカムイオーだけでなく、ミスターシービーも3歳で引退させる。
 ※ハギノカムイオーだけを引退させても確立せず。

以上のようにすると、84年でテスコボーイが種牡馬引退しても、
系統確立する可能性が高いです。



84年時のテスコボーイ産駒種牡馬種付価格

ハギノカムイオー:1500万
トウショウボーイ:1200万
サンシャインボーイ:300万
トウショウレイブン:300万
ホクトボーイ   :250万
インターグシケン :150万
ランドプリンス  :100万

<参考>
ミスターシービー:1250万

なお、ミスターシービーも早期引退させることになるので、
トウショウボーイ系の確立に影響が出ます、
トウショウボーイ系確立用の競走馬の編集や育成に注意。

 
ウイニングポスト8 トップ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ