イメージ画像

ウイニングポスト8 テスコボーイ系・トウショウボーイ系

それでは、実際に新系統を作成します。

ウイニングポスト7ではゲーム開始時に系統を確立しやすかった
テスコボーイ系と、続けてトウショウボーイ系を作ってみます。

◆楽に確立したい場合◆
・新人馬主モードでは無い。
・モードAまたはモードB。
・ゲームは2周目でデータ引継ぎ(お守り・資金が豊富)

 
~開始~

まずゲーム開始時の3歳馬選び。

「7」での系統確立に大いに役立ったミスターシービー
今作では貰えません。

※(PC版)アップデートで新規で貰えるようになりました。

この時点で、今作のテスコボーイ系並びに
トウショウボーイ系の確立の難易度が結構上がります。(笑)

しかも、CPUミスターシービーは前作と比べて弱く(3冠不達成など)、
史実通り1985年天皇賞・春以降引退する年末まで、
故障でレースに一切出ません。

よって、テスコボーイ系はまだしもトウショウボーイ系は、
自前で系統づくりしていった方が早いです。

 
そこで、3歳馬選びは代用としてトウショウボーイ産駒の
クラヴィミー80を競り落とします。

コレが意外と活躍します。
実際に2歳時から重賞を勝ち、皐月賞・香港カップと勝てました。

同時に、ゲーム開始初期にいる能力の高い繁殖牝馬をかき集めます。

実際集めた牝馬

タケフブキイットーナスノチグサプリティキャスト
ハギノトップレディーテンモンなど。

これらの繁殖牝馬にトウショウボーイをつけます。
(トウショウボーイ系の為)

ハギノトップレディはダイイチルビー以外でも、
トウショウボーイとニックス関係になり、
多く活躍馬を出しますので、ぜひ所有しましょう。

 
~テスコボーイ系~

テスコボーイ系はそんなに難しくありません。

サクラユタカオーハギノカムイオーを所有し、
できるだけ活躍させて種牡馬にします。

サクラユタカオーは自己所有なら前作同様中距離路線で、
大きく活躍するのでテスコボーイの評価を上げます。

そしてハギノカムイオーもGⅡ・GⅢなら活躍できます。
実際、皐月賞も勝てました。

おそらく、この2頭の活躍でテスコボーイ系は確立するはずです。

 
~トウショウボーイ系~

トウショウボーイ系の確立は、前述の通りミスターシービーが
いろんな意味で使えないので、自前で評価を上げていくしかありません。

前述のクラヴィミー80と一緒に、
史実馬のトウショウボーイ産駒を買います。

“走る”史実馬のトウショウボーイ産駒の見極めは、
該当馬に「名馬列伝」があるかないかで決めます。
(だいたいの馬が重賞レベルです)

 
初期ではウインドストース(1983年生まれ)とか、
パッシングショット(1985年生まれ)なんかお勧めです。

特にウインドストースは史実ではGⅡ・GⅢ止まりでしたが、
ゲーム内では結構強いです。

 

自己生産馬と史実馬の活躍で、
だいたい91~92年までには系統確立するはずです。


↓系統確立時の種牡馬価値の目安

 
上の画像のような成績が確保できそうなら、
早めに(もしくは同時に)後継種牡馬の系統づくりを始めましょう。

なぜなら、トウショウボーイ系が確立する頃には、
サンデーサイレンス産駒全盛時代の幕開けですので、
種牡馬価値を上げるのが大変です。

ミスターシービーはスピード因子を持たないので、
ミスタシービー系を確立しないのであれば、
スピード、スタミナ、パワー、勝負根性、瞬発力、
柔軟性のいずれかの因子をもつ自己生産馬の系統確立を
目指した方が良いでしょう。(母父○、母父◎が出来る)

 

ウイニングポスト8 トップへ戻る

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ