イメージ画像

メールライン・ボトムライン活性配合

メールライン・ボトムライン活性配合

● メールライン・ボトムライン活性配合とは

父系と母系のいずれかが流行血統かつ零細血統で成立。
父系・母系に含まれる系統特性因子(流行・零細)の数および位置で、
爆発力が変わってきます。

<爆発力>

LV.1:3
LV.2:6
LV.3:10

<成立条件>

・メールラインとは

メールラインとは血統表の最上位に位置する父・父父・父父父と連なる父系の事。

・成立条件

メールラインが流行血統で、
それ以外の特定位置の血統が零細血統であれば成立。

(零細血統の位置)

LV.1:母・母母・母母母。
LV.2:母系の3代前までが全て。
LV.3:メールライン以外の3代前まで全て。

 
・ボトムラインとは

ボトムラインとは血統表の最下位に位置する母・母母・母母母へと続く母系の事。

・成立条件

ボトムラインが流行血統で、
それ以外の特定位置の血統が零細血統であれば成立。

(零細血統の位置)

LV.1:父。
LV.2:父系の3代前までが全て。
LV.3:父系の3代前までが全て、かつ母系の3代前まで全てが流行血統。

 
● メールライン活性配合の実例


流行・零細は、ゲームの進行具合で変わってくるので、
この配合が必ずしもメールラインLV.3になるとは限りません。

● ボトムライン活性配合の実例


この例では父系は3代前まで零細血統で、
LV.2以上の条件(父系)を満たしています。
ですが、母系に流行血統が無いのにお気づきでしょう。
むしろ零細血統が入っていますね。

これは、ボトムライン活性配合のみ、
母系は能力因子いずれかが入っていれば、
流行血統とみなされる救済措置が取られているからです。

つまり母系3代前まで全てに能力因子が入っていて、
かつ父系は3代前まで全て零細血統であるため、
LV.2が成立しました。

ただし、この救済措置はLV.2までの救済で、
LV.3だけは適用外になります。

 
<利用方法>

メールライン活性配合は、頻繁にできやすいと思います。

ボトムライン活性配合は、零細種牡馬を探すのに苦労する上、
零細=能力低いパターンが多いので、配合の苦労に見合った結果を
得る事は難しいかもしれません。

いずれもある程度年月が流れないと、成立は難しいですが、
逆に長い間プレイすると簡単に成立したりするので、
ゆっくりとゲームを楽しみながら成立させましょう。

 

配合理論一覧へ戻る

ウイニングポスト8 トップへ戻る

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ